「食品」の記事一覧

「キヌア」や「アマランサス」など食物繊維とビタミンが豊富な「スーパー穀物」が話題

主ながんの10年後の相対生存率が公表される前日の1月18日、テレビ東京系『主治医が見つかる診療所』では、がん細胞を<自滅させる身近な野菜!>や<1日5皿食べる予防食>を紹介。ネタの原点である「designer foos project」と「5 A DAY」の意義にも触れてい…続きを読む

「キヌア」や「アマランサス」など食物繊維とビタミンが豊富な「スーパー穀物」が話題

便利な冷凍米飯類やパックご飯 だが本当に安全性は問題ないのか?

最近、コンビニで非常に目につくのは、冷凍米飯類です。TPPが締結され、安い外国米が輸入されるようになれば、今まで以上に冷凍米飯類が増えるのは確実でしょう。では、冷凍米飯類の安全性はどうなのでしょうか? 2013年には年間32万4000キログラムの加工米飯が生産されていま…続きを読む

便利な冷凍米飯類やパックご飯 だが本当に安全性は問題ないのか?

「遺伝子組み換えで農薬が減る」はウソ? 除草剤の発がん性が新たな脅威に

スーパーに陳列されている食料品に、最近普通に見かける「遺伝子組み換え」「遺伝子組み換えでない」という文字。豆腐や豆乳、食用油、スナック菓子などの商品に見られることだろう。 ご存じの通り、遺伝子組み換え(GM)とは、生物に対して自然界では起こらない遺伝子操作を行う技術。そ…続きを読む

「遺伝子組み換えで農薬が減る」はウソ? 除草剤の発がん性が新たな脅威に
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆