「食品」の記事一覧

冬に悪化するアトピー性皮膚炎に効果がある成分が判明!?

平成23年度の厚生労働省の統計によると、アトピー性皮膚炎の患者数は36万9000人。しかし、皮膚科の医師の中には「医療機関で診療を受けていないだけで、自分がアトピー性皮膚炎だと実感している患者は、この数字よりもはるかに多いのではないか」という人もいる。 アトピー性皮膚炎…続きを読む

冬に悪化するアトピー性皮膚炎に効果がある成分が判明!?

子どもの健康を脅かすと心配されているエナジードリンクが本当に危ないわけ

さもエネルギーを取り戻しリフレッシュできそうなイメージで今や若年層を中心に世界規模で市場を拡大しているエナジードリンク。日本市場の伸びがもっとも急激で、2009年から2013年にかけて約10倍(318億円規模)と膨れ上がり、2014年には国内メーカーの参入などもあり優に40…続きを読む

子どもの健康を脅かすと心配されているエナジードリンクが本当に危ないわけ

増え続ける日本の食品添加物、その理由は国際社会からの圧力だった!

毎日、大量の添加物が食品加工に使われ、商品となってスーパーやコンビニに並び、それをためらいもなく口にしている私たち。日本における食、特に添加物に対する現状は深刻化している。 それを端的に表しているのが、使用が許可されている添加物の「数」の変化だ。添加物の数は、こんな…続きを読む

増え続ける日本の食品添加物、その理由は国際社会からの圧力だった!
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛