「食品」の記事一覧

アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!

「コレステロール」と聞いて、まだ多くの人は「血液がドロドロに」「太る」「悪玉と善玉」など、健康に悪いイメージをするだろう。数値の高さを気にしてアブラ(脂質)の摂取を控えている人も少なくない。 ところが、この"常識"がいよいよ変わろうとしている。「アブラは積極的に摂った…続きを読む

アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!

チアシードはダイエット効果がある? 実際に20日間試してみた!

アサイー、キヌア、カムカム、Kombucha(紅茶キノコ)など、世間で次々に話題になる健康食品。「食べるだけで美と健康が手に入る」「海外セレブも愛用」というキャッチフレーズにつられ、つい手を出してしまう人も多いのではないだろうか。 最近、評判になっているのが「チアシード…続きを読む

チアシードはダイエット効果がある? 実際に20日間試してみた!

増え続ける日本の食品添加物! あやふやな安全性と認可方法

増え続ける日本の食品添加物。しかし、その安全性や認可方法の実態は、実にあいまいで、疑問を感じざるを得ない。 添加物は毎日、長年にわたって摂り続けるものだ。しかも幼児から高齢者まで多くの人が口にする。そのため、添加物の認可は相当厳しく審査され、決められるべきものだろう。安…続きを読む

増え続ける日本の食品添加物! あやふやな安全性と認可方法
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子