「2016年1月」の記事一覧

スキー・ジャンプの葛西紀明選手、難病「再生不良性貧血」で逝った妹に捧げるギネス5冠

最愛の妹さんを亡くしたばかりのノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手(43)が、2つの新たな快挙でギネス世界記録の認定を決めた。 W杯最年長優勝・冬季五輪7大会連続最多出場・冬季五輪スキージャンプ最年長メダリストの3冠に次ぎ、今回はW杯個人最多出場とノルディッ…続きを読む

スキー・ジャンプの葛西紀明選手、難病「再生不良性貧血」で逝った妹に捧げるギネス5冠

40代女性に急増する「尿失禁」の悩み! その原因は高齢出産の可能性も!?

ジャズシンガーの綾戸智恵が、「これで安心ね」と明るく笑ってバスに乗り込む「ライフリー・さわやかパッド」のCM。この商品は介護用品でも、おりもの用ナプキンでもなく、尿漏れ(尿失禁)専用だ。 20ccの「少量用」から270ccの「特に多いときも長時間安心用」まで6段階のライ…続きを読む

40代女性に急増する「尿失禁」の悩み!  その原因は高齢出産の可能性も!?

社会学者・古市憲寿さんの「ハーフは劣化が早い」発言を美容医療の立場から考える

先日、社会学者・古市憲寿氏が出演したテレビ番組内で「ハーフってなんで劣化するのが早いんでしょうね」と発言したところ、ネット上で「差別発言ではないか?」と非難された騒動がありました。一緒に番組に出演していた、あるタレントさんの幼少時代の写真を見た流れでのコメントだったようです…続きを読む

社会学者・古市憲寿さんの「ハーフは劣化が早い」発言を美容医療の立場から考える
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆