「国際医療」の記事一覧

オバマケア見直しでがん発見が遅れる!? がん死亡率の低下に貢献したメリットとは

先日、米国がん協会(ACS)が発表した報告書『がん統計2018年版(Cancer Statistics 2018)』によると、米国内の2015年がん死亡率は前年比で1.7%低下――1991年以降、毎年続いてきた低下傾向を更新する朗報が判明した。 また、この10年間で米国…続きを読む

オバマケア見直しでがん発見が遅れる!? がん死亡率の低下に貢献したメリットとは

トランプ大統領就任で米国の医療制度は? 「オバマケア」から「トランプケア」への移行は茨の道?

2017年1月20日、共和党のドナルド・トランプ氏が、第45代米大統領に就任する。 トランプ政権が標榜する、孤立主義、分断主義、排外主義、大衆迎合主義などの世界戦略、いわゆる「トランプポノミクス」が、2017年以降、米国社会と世界情勢をどのように変質させるかが注目を集め…続きを読む

トランプ大統領就任で米国の医療制度は? 「オバマケア」から「トランプケア」への移行は茨の道?

100年以上の歴史を持つ「水銀血圧計」が医療現場から消える〜日本高血圧学会も声明を発表

医療の現場にはハイテク機器が溢れている。医療技術が高度化する昨今、医師をはじめとした医療スタッフが使う道具もハイテク化していくのは当然のことである。しかし、アナログならではの単純明快さや検査精度の正確性などから、医療関係者に愛用され続けた検査機器がある。水銀血圧計だ。 …続きを読む

100年以上の歴史を持つ「水銀血圧計」が医療現場から消える〜日本高血圧学会も声明を発表
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆