「ドラマ・映画」の記事一覧

『アンナチュラル』 現役医師が読み解く遠隔死亡診断の可能性 ミコトは死因を特定できるのか?

診察するうえで、とっても大切なことは診て触る事、そして聞くことです。死者からはあれこれ聞くことはできないけど、診て触ることは可能です。 今回のアンナチュラルはいわゆる診る=視診が重要なカギを握っていました。法医学で言うところの視診は死体現象です。経時的に進行する死体現象…続きを読む

『アンナチュラル』 現役医師が読み解く遠隔死亡診断の可能性 ミコトは死因を特定できるのか?

『アンナチュラル』を検証!一酸化炭素中毒死と凍死の見分け方とは

海外医療ドラマと比べるとどうしてもこじんまりとまとまりがちな日本の医療ドラマ。普通のドラマはそうでもないのにどうして医療ドラマはこんなに差があるのかしら?と思いつつ、初回の平均視聴率が12.7%と好調だったらしい『アンナチュラル』に興味を引かれつつ本日もオンタイムで見ていま…続きを読む

『アンナチュラル』を検証!一酸化炭素中毒死と凍死の見分け方とは

若者がセックスも就職も放棄!? ドラマ『過保護のカホコ』が共感された理由

「おまえみたいな過保護がいるから日本が駄目になる」――。 この夏ヒットした日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』で登場したセリフだ。主人公は、両親に溺愛されて育った女子大生の根本加穂子(ねもと・かほこ)。第1話で同じ大学に通う画家志望の麦野初(むぎの・はじめ)がカホコに言…続きを読む

若者がセックスも就職も放棄!? ドラマ『過保護のカホコ』が共感された理由
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫