「ドラマ・映画」の記事一覧

「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウト

緑風薫る5月は同時に「五月病」の季節でもあるが、本当に深刻なのは「生徒」よりも「先生」の健康状態かもしれない……。 4月28日の時事通信の記事によると、文部科学省は同日、2016年度の公立小中学校の勤務実態調査の速報値を公表。その結果は、教員の勤務の過酷さを、データとし…続きを読む

「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウト

ノーベル賞にもノミネートの病理学者・山極勝三郎〜評伝映画が遠藤憲一主演で現在公開中

コワモテの悪役、芸歴33年、ニックネーム「エンケン」こと俳優・遠藤憲一さん(55)が主演する映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』(近藤明男監督)が12月17日から東京・有楽町スバル座などで全国公開されている。 人工がん研究の世界屈指のパオオニアで、ノーベル賞候補にもノミ…続きを読む

ノーベル賞にもノミネートの病理学者・山極勝三郎〜評伝映画が遠藤憲一主演で現在公開中

残暑も吹き飛ぶエグい人体神秘&スプラッター映画8選 夏~秋の医学映画祭2016

残暑が厳しい今年の夏。子供の頃、学校の理科室に行くと、なぜか涼しい感じがしたものだ。消毒液の臭いが病院を思い出させ、ふと夏の暑さを忘れさせたのだろうか? そこで連想されるのは、歯医者で歯を抜かれるときの痛みへの恐怖か? あるいは予防接種の順番待ちの嫌な気分か? 学校に保…続きを読む

残暑も吹き飛ぶエグい人体神秘&スプラッター映画8選 夏~秋の医学映画祭2016 
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘