「ドラマ・映画」の記事一覧

2020 春の医療ドラマは盛沢山、あなたはどの番組を見るべき?

ついに『病室で念仏を唱えないでください』などというタイトルまで出そろった今年の春の医療ドラマは百花繚乱。 粒ぞろい、選り取り見取り!? どれも興味深く、見ごたえがあるものばかり。さてどれを見るべきか。腫瘍内科がチーム医療の中で奮闘する『アライブ』 がん治療に踏み…続きを読む

2020 春の医療ドラマは盛沢山、あなたはどの番組を見るべき?

かつては次長課長・河本準一にバッシング~ドラマ・ケンカツで学ぶ生活保護の問題

区役所の生活課のケースワーカー・義経えみるを主人公に、生活保護という制度の持つさまざまな問題を取りあげるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』。 視聴率は前回の第4回で5.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と苦戦中だが、生活保護制度について考えるきっかけとしては、それ…続きを読む

かつては次長課長・河本準一にバッシング~ドラマ・ケンカツで学ぶ生活保護の問題

吉岡里帆&田中圭、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』で迫る生活保護の現実

7月17日、新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系)でスタートする。 このドラマ、通称「ケンカツ」のテーマは生活保護制度。ネット上では「生ポ(ナマポ)」などと、何かとバッシングの対象だ。 ところが、この制度こそ、憲法第二十五条の「すべて国…続きを読む

吉岡里帆&田中圭、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』で迫る生活保護の現実
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純