「2017年12月」の記事一覧

通勤通学の電車や駅の騒音で難聴に? 使い減りした「聴力」は二度と元に戻らない

都市部での暮らしは日々喧噪に囲まれている。街にはいつも大音量の音楽が鳴り響き、通勤ラッシュの駅では数十秒毎に電車が発着する中で、駅員の過剰ともいえる案内がスピーカーからひっきりなしに降り注いでくる。 もし静かな地方に住む人が突然この場所に放り込まれたら、思わず顔をゆがめ…続きを読む

通勤通学の電車や駅の騒音で難聴に? 使い減りした「聴力」は二度と元に戻らない

ADHDのドライバーは事故死が多い?トレーニングアプリで危機感知能力を改善

日本では20年ほど前から社会的な注目を集めるようになった発達障害の一つ「ADHD(注意欠如多動性障害)」。注意不足でそわそわと落ち着きがなく、突然気分が変わりやすい、キレやすいなどの特徴がある。 生まれつき脳内の神経伝達物質のバランスが悪いため、中枢神経の機能に何らかの…続きを読む

ADHDのドライバーは事故死が多い?トレーニングアプリで危機感知能力を改善

世界初 両手移植の10歳の男児、奇跡の機能回復!「脳地図」も劇的に変化!

米フィラデルフィア小児病院(CHOP)のWilliam Gaetz氏らの研究グループは、2年前に8歳で小児では世界初となる両手の移植手術を受けた男児(10歳)Zion君の「脳地図」が移植後、元に戻りつつあるとする論文を『Annals of Clinical and Tran…続きを読む

世界初 両手移植の10歳の男児、奇跡の機能回復!「脳地図」も劇的に変化!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆