「食品」の記事一覧

Amazonの栄養科学ジャンルで長期1位、常識を覆す健康書に注目した!

1月末の発売以来、Amazonの栄養科学ジャンルでベストセラー1位を続けている健康書がある。「WHOLE がんとあらゆる生活習慣病を予防する最先端栄養学」(ユサブル刊)だ。 原書は、アメリカのAmazonでレビュー数が750を超える世界的ベストセラー。著者は「栄養学界の…続きを読む

Amazonの栄養科学ジャンルで長期1位、常識を覆す健康書に注目した!

特定の食品を過大評価する「フードファデイズム」に注意! 食事のバランスこそが最強の健康法

「おじいとおばあの健康長寿の源!」「身体に優しい沖縄伝統野菜」などのキャッチで売られるご当地食材の沖縄野菜。ゴーヤに代表される沖縄野菜「チンゲン菜、からし菜、ゴーヤ、フダンソウ、ヘチマ、ヨモギ、パパイヤ」はビタミンやミネラル、葉酸など栄養価が高いことで知られている。このため、…続きを読む

特定の食品を過大評価する「フードファデイズム」に注意! 食事のバランスこそが最強の健康法

サラミやソーセージなどの添加物が躁病の原因に? 加工肉の「硝酸塩」の影響とは?

サラミやソーセージなどの加工肉に含まれている「硝酸塩」と呼ばれる添加物が、躁病の発症に関連している――そんな可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学小児科学のRobert Yolken氏らの研究から明らかになった。 硝酸塩は細菌の増殖を抑える目的で加工肉に添加され…続きを読む

サラミやソーセージなどの添加物が躁病の原因に? 加工肉の「硝酸塩」の影響とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆