「呼吸器」の記事一覧

加速する「タバコ」規制の最新事情~「電子タバコ」「非燃焼・加熱式タバコ」の行方

11月に入り、なにやら「タバコ」をめぐる国内外の動きがにわかに加速しはじめた感が否めない。 まずは6日、英国の医学誌に「日本の受動喫煙対策の遅れ」に警鐘を鳴らす、邦人医療専門家らによる論文が掲載されたとの報道が流れた。 翌7日、自民党はその警鐘論文に呼応するかのよう…続きを読む

加速する「タバコ」規制の最新事情~「電子タバコ」「非燃焼・加熱式タバコ」の行方

羽生結弦選手が克服した「喘息」を『24時間テレビ』で告白~慢性化しやすいオトナの喘息

フィギュアスケートの羽生結弦選手は現在22歳。手足がすらりと伸びた端麗な容姿と華麗な演技で私たちを魅了する羽生選手には、大きなハンディキャップがあった。2歳から喘息(気管支喘息)を患っていたのだ。 8月27日放送の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)に出演…続きを読む

羽生結弦選手が克服した「喘息」を『24時間テレビ』で告白~慢性化しやすいオトナの喘息

受動喫煙の対策は後進国? 「日本は時代遅れ……」WHO幹部が見かねて苦言

4月7日、世界保健機構(WHO)のアサモア・バー事務局次長らが塩崎恭久厚労相に面会し、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、公共施設については、国レベルで<屋内を完全に禁煙>するよう要請した。 ご存じのとおり、政府は受動喫煙を規制する法案の今国会の提出を目指している…続きを読む

受動喫煙の対策は後進国? 「日本は時代遅れ……」WHO幹部が見かねて苦言
アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔