「医療ミス・訴訟」の記事一覧

一般病院の2割で患者の自殺が発生! その大半は「闘病苦のがん患者」……

病院での自殺は家族ばかりか看護師の心にも傷を残す(depositphotos.com) ここ数年の報道で注目されることの多い医療事故。3年前、群馬大学付属病院で手術を受けた患者8名が相次いで死亡した問題は、多くの人にとって未だ記憶に新しいところだろう。 一般的に医療事故…続きを読む

一般病院の2割で患者の自殺が発生! その大半は「闘病苦のがん患者」……

日本も医療訴訟の賠償額が天井知らずに!? 米国で医療訴訟の平均賠償額が上昇中

米国の医療過誤訴訟では、医師1000人・年あたりの賠償金支払い件数が大きく減少し、1992~2014年の間に56%低減しているという調査結果が報告された。 一方で、1件あたりの平均賠償額は1992~1996年の約28万7000ドル(約3157万円)から、2009~201…続きを読む

日本も医療訴訟の賠償額が天井知らずに!? 米国で医療訴訟の平均賠償額が上昇中

虚偽の診断で治療費詐取「新宿セントラルクリニック」事件〜悪徳医師から身を守る方法

ヒポクラテスが泣いている――。医学の祖・ヒポクラテスは、医師の職業倫理について現代まで語り継がれている「ヒポクラテスの誓い」を遺した。医師としての名誉と高潔な伝統を守り続けることを誓うのだ。 <医師は崇高な精神の持ち主>という、世間の認識を揺るがす事件が発覚した。今年1…続きを読む

虚偽の診断で治療費詐取「新宿セントラルクリニック」事件〜悪徳医師から身を守る方法
年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫