「病気一般」の記事一覧

デンタルフロスを使うと出血するのはなぜ? 正しい使い方とは

歯ブラシだけでは歯と歯の間は十分に磨けず、プラークが残りやすく、むし歯や歯周病に罹りやすくなる。そこで大切なのが、「デンタルフロス」だ。 まずデンタルフロスとは何だろう。デンタルフロスとは、細いナイロン繊維からできている糸で歯間部の清掃に使用する。歯と歯の間入り込むため…続きを読む

デンタルフロスを使うと出血するのはなぜ? 正しい使い方とは

子どもの発熱であわてない! 発熱の仕組みを知らないと逆効果に!

お子さんが小さいときに熱が出ると心配ですよね? 脳に害が出るんじゃないか?熱が続くと肺炎になるんじゃないか?と心配は尽きません。おそらくは、最も熱の患者さんと向き合う頻度が多い医療職のうちの一つが小児科医です。私は、受診した子どもがどんなに軽症に見えても、そのママ、パパに…続きを読む

子どもの発熱であわてない! 発熱の仕組みを知らないと逆効果に!

春の「頭痛」は急性ストレス障害、二つの「習慣的な行動」で解消も

4月~5月は、新入学、新入社、転勤など、新しい環境や人間関係の中で始まる生活の期待と不安でいっぱいになる季節です。最近は、入学や入社前から孤独感にさいなまれSNSを利用し、同じ学校や職場の仲間と繋がる傾向があるようです。それだけで問題が解決すればいいのですが、なかなか新しい…続きを読む

春の「頭痛」は急性ストレス障害、二つの「習慣的な行動」で解消も
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆