「本・雑誌」の記事一覧

食物のレクチンが肥満・病気の原因!? グルテンフリーに続く新たな食事法とは?

カラダに良いはずの野菜や穀物が、じつは害をなすとしたら? アメリカの著名な心臓外科医であるスティーブン・ガンドリー博士は、自身の患者たちの治療を通して、植物の種子などに含まれる「レクチン」というタンパク質が、現代人の健康を阻害しているということを発見した。 全粒粉…続きを読む

食物のレクチンが肥満・病気の原因!? グルテンフリーに続く新たな食事法とは?

『ちびまる子ちゃん』山根くんの胃腸の弱さの正体は……衝撃の121話で判明!?

いわゆる胃(腸)の弱い男児/女児、「トイレが近い悩み」を抱える同級生は、どのクラスにも必ずいた(いる)ものだ。 まだ、ストッパ胃腸薬もなかった当時、彼らの深刻さたるや幾ばくだったのか……。今日のような一億総ストレス時代を迎えてみると、ある種の郷愁と同時に、今さらながらの…続きを読む

『ちびまる子ちゃん』山根くんの胃腸の弱さの正体は……衝撃の121話で判明!?

【マンガ連載】病名も教えない、患者の質問に無視&逆ギレ、最低病院&最低医師・ナース・薬剤師のオンパレード!

世の中には「病院嫌い」「医者嫌い」という人がいる。 理由はそれぞれあるだろうが、医師・ナース・薬剤師など医療関係者の心無い発言や態度に傷つき、「そんな嫌な思いをするくらいなら……」という人もいる。「そんな病院、一刻も早く替えてください!」 病名をきちんと伝えな…続きを読む

【マンガ連載】病名も教えない、患者の質問に無視&逆ギレ、最低病院&最低医師・ナース・薬剤師のオンパレード!
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫