「本・雑誌」の記事一覧

【マンガ連載5】新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースは驚愕放言

ゆとり世代のナースはこうだ!? 白衣の天使はどこにいる? 長い入院生活ならなおさら外来でも病院の評判を決めるのは医者よりナースかもしれない。しかし、とんでもナースはどこにでもいる。<ゆとり世代>のナースがあなたのすぐそばにいる! 夜勤で行方不明のナースが見つかった場所…続きを読む

【マンガ連載5】新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースは驚愕放言

【新・マンガ連載】男性医師が繰り出すセクハラまがいの暴言・暴挙に患者はマジギレ!

「女の人ってレイプした男をすきになる」と暴言 男性医師は結婚相手としていいのか悪いのか? この実話を読んでよ~く考えたい。最悪男性ドクターの暴走&セクハラの実態。まずは、セカンドレイプまがいの発言を公然とする脂ぎった肥満不潔男性医師。さらにさらに、つわりで苦しんでいる…続きを読む

【新・マンガ連載】男性医師が繰り出すセクハラまがいの暴言・暴挙に患者はマジギレ! 

風邪をひかなくなるのは脳疲労?「会社7割、家庭3割」で脳疲労防止

WHO(世界保健機関)の調査によると、全世界人口の約5%、約3億5000万人以上が「うつ病」に罹患しており、先進国を対象に「健康に害を及ぼす病気」について調査した結果では、うつ病が第1位となっている──。 最近刊行された『「脳疲労」社会 ストレスケア病棟からみえる現代日…続きを読む

風邪をひかなくなるのは脳疲労?「会社7割、家庭3割」で脳疲労防止
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘