「2015年12月」の記事一覧

トレンディエンジェルのM-1優勝で、日本に新たなハゲ文化の夜明けが来る!

漫才日本一を決めるM-1で、「トレンディエンジェル」が優勝した。トレンディエンジェルは、斎藤司さんと、たかしさんの2人のコンビ。 斎藤司さんは、頭頂部に残ったすくない頭髪をボサボサに放置しており、あわせてノーネクタイの背広姿で、なげやりな会社員というスタイルでしゃべる。…続きを読む

トレンディエンジェルのM-1優勝で、日本に新たなハゲ文化の夜明けが来る!

不世出の細菌学者・野口英世、黄熱病の研究と撲滅で向かった西アフリカで客死

古今東西、偉業を成し遂げた天才科学者は数知れない。だが、日本が国家の近代化・西欧化に躍起になっていた明治初期の黎明期に、「西洋医学のパイオニアになる!」と意を決して単身渡米、世界を股に駆けながら、身を挺して未知の細菌やウイルスと闘った科学者といえば、野口英世のほかに見当たら…続きを読む

不世出の細菌学者・野口英世、黄熱病の研究と撲滅で向かった西アフリカで客死

垢はカラダを守る膜!? 時代が違えば常識も変わる、中世ヨーロッパの“不浄時代”

1890年、パリの労働者102人を対象にした生活調査では、浴槽を使っている者2人、靴下を替えるときに足を洗う者18人、顔と首は毎週洗うが足は冬に一度だけ、頭は一度も洗わない者58人、一度も体を洗ったことのない者が24人であった。 少なくとも19世紀前半までのヨーロッパの…続きを読む

垢はカラダを守る膜!? 時代が違えば常識も変わる、中世ヨーロッパの“不浄時代”
マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」~<治せる時代>が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆