「フィットネス」の記事一覧

やっぱり運動は<脳にも効く>!? 脳卒中患者が運動で脳の認知力もアップ

ミュージシャンの桜井和寿さん、KEIKOさん、星野源さん、川西幸一、米良美一さん、タレントの磯野貴理子さん、麻木久仁子さん、女優・歌手の河合美智子さん――。 いずれも30~40代で脳卒中を経験した有名人だ。ある日突然襲ってくる脳卒中は、日本人の死因第4位に挙がる身近な…続きを読む

やっぱり運動は<脳にも効く>!?  脳卒中患者が運動で脳の認知力もアップ

<クッション性のある靴の中敷き>にケガの予防効果なし~「裸足」で足の機能を取り戻せ!

健康のために走ったり、歩いたり、ランニングやウォーキングに勤しむ人は多い。その足元はスニーカー、ウォーキングシューズ……。クッション性のある靴の中敷きは、ケガの予防に有効だと考える人は多い。だが、それを否定する結果が新たな論評で示された。 オーストラリアのラ・トローブ大…続きを読む

<クッション性のある靴の中敷き>にケガの予防効果なし~「裸足」で足の機能を取り戻せ!

「食欲の秋」なのに……「秋バテ」には簡単「へそヒーリング」で自律神経を整えて腸を元気に

女性の健康情報を発信する「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」のリサーチによると、昨年までに女性の約半数、男性の3割以上が感じている秋の不調、「秋バテ」が、今秋は増加しそうな予感だ。 涼しくなって過ごしやすくなっても、夏バテのような、だるさや疲労…続きを読む

「食欲の秋」なのに……「秋バテ」には簡単「へそヒーリング」で自律神経を整えて腸を元気に
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛