「自宅介護」の記事一覧

延命治療を拒否した日野原重明さんに学ぶ~「あなたらしい最期」を選ぶ方法は?

先ごろ亡くなった日野原重明さんは、享年105歳。おそらく現役最高齢医師だった――。58歳の時によど号ハイジャック事件に巻き込まれ死を覚悟したものの、生還できた喜びから「これからの人生は人のために尽くす」と誓ったそうだ。 「生活習慣病」の命名(それまでは「成人病」)、「人…続きを読む

延命治療を拒否した日野原重明さんに学ぶ~「あなたらしい最期」を選ぶ方法は?

障害者の<普通>には価値がない!? 『24時間テレビ』(感動)vs『バリバラ』(お笑い)の先に……

日本じゅうが熱くなったオリンピックが幕を閉じ、いよいよ、リオデジャネイロパラリンピックがスタートする。 さまざまな障害を乗り越えた世界中のアスリートたちによる、感動のドラマが繰り広げられるのだ。まてよ。「障害者」「感動」、どこかで聞いたキーワードだ。 そう、8月28…続きを読む

障害者の<普通>には価値がない!?  『24時間テレビ』(感動)vs『バリバラ』(お笑い)の先に……

個人向けの看護サービス「ナースアテンダント」は、家族だけでは不安な通院や在宅介護もサポート!

人生の最期を自宅でと決めたものの、家族だけでは不安がある。そんな時に看護師の付き添いを頼めるサービスがある。介護保険にも訪問看護サービスがあるが、現実には24時間の在宅看護を、介護保険だけでまかなうのはとても無理だ。介護保険や医療保険では対応しづらい。可能であっても非常に使…続きを読む

個人向けの看護サービス「ナースアテンダント」は、家族だけでは不安な通院や在宅介護もサポート!
「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」前編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。京野アートクリニック高輪の院長である京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真