「自宅介護」の記事一覧

障害児の母親が安心して子どもを預けて仕事ができる複合施設「おやこ基地シブヤ」開園

「障害のある子ども」を持つ母親の常勤雇用率はわずか5%。健常児の母親の常勤雇用率34%の、約7分の1しかない──。 これは、病児保育や障害保育を手がける認定NPO法人フローレンスが調べたデータにより浮かび上がった、いまの日本の現実だ。 この5%のなかには自閉症やダウ…続きを読む

障害児の母親が安心して子どもを預けて仕事ができる複合施設「おやこ基地シブヤ」開園

「孤独死」は若い人ほど発見が遅れる! 最も多い通報は「異臭がする」

高齢化社会が急速に進み、今や国民の4人に1人以上が65歳以上です。また、核家族化が進んだために、「一人暮らしの高齢者」も増えています。それに伴う高齢者の「孤独死」の現状について今回は考えてみます。 私たちは、単身世帯者が自宅で死亡したケースを「孤独死」と呼んでいますが、…続きを読む

「孤独死」は若い人ほど発見が遅れる! 最も多い通報は「異臭がする」

「介護」をめぐる芸能界イケメン三者三様の選択肢~「ヒモに求むは“介護力”」と揶揄する声も

これまで介護を行うのは、“女性の役割”というイメージが定着していた。 芸能界でも介護体験談といえば、 かつてアイドル歌手として活躍した荒木由美子さん(56)が認知症の義母、あるいは自ら膠原病の三東ルシアさん(57)が認知症の実母を介護したり、女性の奮闘劇が相場だった。…続きを読む

「介護」をめぐる芸能界イケメン三者三様の選択肢~「ヒモに求むは“介護力”」と揶揄する声も
年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫