「自宅介護」の記事一覧

「人間らしさを取り戻す」4つのポイント~認知症の介護で注目の「ユマニチュード」

2025年、団塊の世代はすべて75歳以上になり、日本の高齢化社会はピークを迎える――。 4月3日付の朝日新聞の記事によると、2025年に向けて全国の入院ベッドを1割以上、実に15万床以上削減し、入院患者を在宅医療へ移行させる案が「地域医療構想」によって計画されているとい…続きを読む

「人間らしさを取り戻す」4つのポイント~認知症の介護で注目の「ユマニチュード」

「死なせてほしい」と懇願される訪問看護師の心の闇〜映画『或る終焉』で描かれる驚愕の決断

近年、高騰する医療費の抑制するため、療養病床の削減や入院期間の短縮などによって、終末期を含む患者の在宅・施設ケアへの移行が促されている。これは将来、家族または自分自身が在宅ケアを受ける可能性が高くなったともいえるだろう。 在宅ケアを行う際にはチームが組まれる。例えば、が…続きを読む

「死なせてほしい」と懇願される訪問看護師の心の闇〜映画『或る終焉』で描かれる驚愕の決断

女性だけに負担がかかりがちな介護、つらい更年期だからこそ周囲に支援を!

更年期の女性の不定愁訴のなかには、その原因がはっきりとわかっていながら、根本的な解決策が見いだしにくい問題もある。その一つが親の介護問題である。 ようやく子供の手がかからなくなったら、夫の両親の介護に追われ、義父母を看取ったかと思ったら、今度は自分の実親が倒れるなど、介…続きを読む

女性だけに負担がかかりがちな介護、つらい更年期だからこそ周囲に支援を!
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘