「食品」の記事一覧

米国マックは従業員に対して「健康のためファストフードは食べないように!」とアドバイスしている!

ファストフードを週に2回以上食べると、糖尿病や心臓病のリスクが強まる。週に4回以上食べたら、がんや心筋梗塞で死ぬリスクが80%も高まる。妊娠中に食べると、胎児の脳に変化が生じ、赤ちゃんは過食症になる。ファストフードはうつ病も発症させる……。 糖尿病、がん、心筋梗塞、うつ…続きを読む

米国マックは従業員に対して「健康のためファストフードは食べないように!」とアドバイスしている!

寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由

平安の昔から日本人に食べられてきたおにぎり。戦国時代には兵糧として、江戸時代の旅人の携行食として、そして昭和に入り、フィルムに包まれて販売されるようになった。 まさに日本人のファストフードであり、日本の食文化を語る上で外せないソウルフードである。 ひと昔前までは、よ…続きを読む

寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由

スターバックスのドリンクに砂糖小さじ25杯分! 分析対象の98%に大量の砂糖

あなたは「砂糖小さじ25杯分」が入った飲み物と知れば、多少なりとも購入を躊躇しないだろうか。 糖分と健康の関係を調査している英国の非営利団体『アクション・オン・シュガー』が、自国内のコーヒーチェーンとファストフードチェーンの掲載メニューから計131種類のドリンクを分析。…続きを読む

スターバックスのドリンクに砂糖小さじ25杯分! 分析対象の98%に大量の砂糖
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆