「器具」の記事一覧

SNSで運動の<やる気>をアップする方法~「励まし」より「競争」が効果的

運動は<継続>が一番難しい。誰だって、シンドイことをやるのは億劫だ。しかし、カラダは正直だ。コツコツと運動を続ければ、その効果は必ず表れてくる。 そこで、継続するためのきっかけや動機は重要だ。先頃、<ソーシャルメディア(SNS)は動機づけの強力なツールとなる>という興味…続きを読む

SNSで運動の<やる気>をアップする方法~「励まし」より「競争」が効果的

急増する「電気マッサージ器」の事故! 骨折、神経・脊髄の損傷……最悪なケースは死亡事故

ストレスフルな時代を反映してか、家庭用電気マッサージ器が大人気だ。過去4年連続で出荷台数が伸び、少し前のデータだが、2013年には約195万台に到達。仕事から疲れて帰ってきた夜、電気マッサージ器で肩こりや脚のむくみをもみほぐすことを、ささやかな楽しみにしている人も多いことだ…続きを読む

急増する「電気マッサージ器」の事故! 骨折、神経・脊髄の損傷……最悪なケースは死亡事故

レゴで"モヤモヤ"を"スッキリ"に! 手と脳の連携が新たな知を構築する

「なんとなく毎日がモヤモヤする」といった漠然とした不安に悩まされることはないだろうか。仕事、恋愛、子育て、キャリア、人間関係......。 働き盛りの人生の中間地点では、ストレスや悩みと無縁ではいられない。「どうしたらよいかわからない」と迷宮に入りこむこともあるだろう…続きを読む

レゴで
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛