「器具」の記事一覧

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを

義肢装具士の大平吉夫さんは、足を見ただけでその人の運動能力がわかるのだそうだ。 ちなみに、足の甲が高く、土踏まずのアーチも高い「ハイアーチ」の場合、体の柔軟性が低く、運動でケガをしやすいとのこと。結果として、パフォーマンスも低くなってしまう。 足の形は普段履いている…続きを読む

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを

子どもがロコモティブシンドロームに!? 打開策は尾木ママも勧める「動育」

今年度から、学校で行なわれる健康診断がマイナーチェンジしたのをご存知だろうか。なかでも注視されているのは、子どものロコモティブシンドローム(運動機能障害)対策だ。 これまで行なわれてきた「座高」と「寄生虫卵」の検査がなくなり、新たに「四肢の状態」が必須項目に加わった。こ…続きを読む

子どもがロコモティブシンドロームに!? 打開策は尾木ママも勧める「動育」

ハイキングで適切な靴を選ばないと、思わぬケガにつながることも!?

米国では毎年3800万人以上の人がハイキングに行く。だが、足や踵の損傷を予防できるような適切な靴を準備していない人が多いと、専門家が指摘している。 米マサチューセッツ州の足・足関節外科医Gregory Catalano氏は、米国足外科学会(ACFAS)のニュースリリースで…続きを読む

ハイキングで適切な靴を選ばないと、思わぬケガにつながることも!?
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真