ハイカカオチョコレートの過剰摂取に注意!カカオに残留農薬成分や金属が含まれることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイカカオチョコレートの過剰摂取に注意!カカオに残留農薬成分や金属が含まれることもの画像1

カカオにはどんな成分が含まれる?shutterstock.com

 いまさらだがチョコレートブームだ。中でも数年前から美と健康に良いと評判なのが、カカオの含有量が70%以上の「ハイカカオチョコレート」。美意識の高いモデルやタレントがハイカカオチョコレートの効果をブログやバラエティー番組で喧伝することで一躍人気商品に。

 しかし、本当にそんな効果のある食べ物なのか? 食べるだけでダイエットができ、健康にもなる?

 スイスの有名チョコレートブランド「リンツ」が、「エクセレンス70%カカオ」を中心に、ハイカカオのダークチョコレート群(70%、85%、90%、99%)を発売したのが1989年。これがハイカカオチョコレートの草分け的存在といわれる。

 最近は大手製菓メーカーなどもこぞって商品を作っているので、近所のスーパーやコンビニなどでもすぐに手に取ることが出来るようになった。『明治 チョコレート効果』(カカオ72%、カカオ86%、カカオ95%)、『森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70』などの商品のパッケージを見る限りでは、「ちょっとビターなチョコ」程度のイメージだが、実際食べてみると、あまりにも苦くチョコレートとは程遠い別の食べ物と感じられる。

 チョコレートの語源は、メキシコインディオの「ショコラトール」、つまり「苦い水」であるというが、猛烈に納得させられる。

 この苦味こそが、カカオの主成分である「テオブロミン」。自然界にはほぼカカオにしか含まれていない。テオブロミンは血管や気管支を拡張し血流や代謝を高める働きや、利尿作用の促進や脂肪分解作用などによってダイエットにも効果があると言われている。

 他にも、カカオに多く含まれるポリフェノールによる動脈硬化の予防、肌の老化の原因となる活性酸素を取り除く効果もある。
 
 それだけではない。平成27年12月には株式会社明治と帝京大学の共同研究により、カカオ由来の新しい機能性成分「カカオプロテイン」の抽出に世界で初めて成功している。
 
 カカオプロテインは難消化性たんぱく質(レジスタントプロテイン)と呼ばれるたんぱく質。これは小腸で吸収されず大腸に届くため、腸内細菌の餌となり腸内フローラを変化させ、継続的に摂取することにより便通が改善されることが確認された。まさに、美と健康にうってつけの食材だ。

 では、ハイカカオチョコレートを毎日たくさん摂っていれば、肌もツヤツヤ、便通や血行もよく、ストレスにも負けない丈夫な美ボディが出来上がるのでは? と勘違いをしてはいけない。そんな万能食品であれば、とうの昔から誰もが毎日食べているはずではないか?

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子