「2016年4月」の記事一覧

アルツハイマー病の由来は? 〜20世紀初頭に51歳で発病した女性から始まる物語

アルツハイマー病と言えば、元米大統領ロナルド・レーガンさん、映画俳優チャールトン・ヘストンさん、日本なら女優の吉田日出子さんや南田洋子さんも闘病した難病だ。 「おまえの世話なんか、とてもしてやれん!」――。夫は乱暴に言い放つなり、妻をフランクフルト・アム・マイン精神病院…続きを読む

アルツハイマー病の由来は? 〜20世紀初頭に51歳で発病した女性から始まる物語

女優・酒井若菜さんも苦しんだ「膠原病」~患者8〜9割が女性! 免疫システムの破綻で……

女優で作家としても活動する酒井若菜さんが、今年2月に上梓した対談&エッセイ『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)で、膠原病を患ったことを告白した。 3月に行われた発売記念トークイベントの席上で酒井さんは、「19歳の頃から膠原病の症状に悩まされていたが、昨年冬から春に…続きを読む

女優・酒井若菜さんも苦しんだ「膠原病」~患者8〜9割が女性! 免疫システムの破綻で……

Amazonでも取り扱いを開始した「お坊さん便」は日本人の寺離れを食い止めるか?

昨年12月8日、通販大手のアマゾンジャパンは、法事や法要にお坊さんを手配できる「お坊さん便」の通信販売をスタートした。 「お坊さん便」を運営する株式会社みんれび(東京)は、2009年からネット上で仏式葬儀のアドバイス業を始めている。主力商品は、格安・追加費用なしが売り物…続きを読む

Amazonでも取り扱いを開始した「お坊さん便」は日本人の寺離れを食い止めるか?
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛