「2014年7月」の記事一覧

増加する「くる病」は「ビタミンD不足」が原因! 自然派ママの「母乳育児」の弊害か?

戦後の病気と思われていた「くる病」だが......。(「Thinkstock」より) 「くる病」が増えているという。日本人の栄養状態が悪かった戦後の一時期、特に日照が乏しい地域の子どもたちに多く見られたが、食料事情の改善に伴い、最近ではこの病名を聞くことさえまれになってい…続きを読む

増加する「くる病」は「ビタミンD不足」が原因! 自然派ママの「母乳育児」の弊害か?

スマホやパソコンの「ブルーライト」が危ない! 眼病だけでなく睡眠障害や肥満のリスクにも!

液晶から発せられるブルーライトは睡眠障害の原因にも......。 液晶テレビ、ゲーム機器、タブレット端末などのモニタから発せられる「ブルーライト」。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、ブルーライトが多く含まれており、LEDの普及や使用時間の増加…続きを読む

スマホやパソコンの「ブルーライト」が危ない! 眼病だけでなく睡眠障害や肥満のリスクにも!

「ゼロカロリーは太らない」は都市伝説 !? 人工甘味料が肥満を誘引!

ゼロより怖いものはない!?(写真はイメージ) ゼロカロリーの清涼飲料水やスポーツドリンクは言うに及ばず、「ゼロカロリーきなこもち」に「ゼロカロリーあんみつ」「ゼロカロリーゼリー」などと、スーパーやコンビニを一回りしただけで、ゼロカロリー商品の多さに驚く。しかし、「ゼロカロ…続きを読む

「ゼロカロリーは太らない」は都市伝説 !? 人工甘味料が肥満を誘引!
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆