「2014年7月」の記事一覧

増加する「くる病」は「ビタミンD不足」が原因! 自然派ママの「母乳育児」の弊害か?

戦後の病気と思われていた「くる病」だが......。(「Thinkstock」より) 「くる病」が増えているという。日本人の栄養状態が悪かった戦後の一時期、特に日照が乏しい地域の子どもたちに多く見られたが、食料事情の改善に伴い、最近ではこの病名を聞くことさえまれになってい…続きを読む

増加する「くる病」は「ビタミンD不足」が原因! 自然派ママの「母乳育児」の弊害か?

スマホやパソコンの「ブルーライト」が危ない! 眼病だけでなく睡眠障害や肥満のリスクにも!

液晶から発せられるブルーライトは睡眠障害の原因にも......。 液晶テレビ、ゲーム機器、タブレット端末などのモニタから発せられる「ブルーライト」。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、ブルーライトが多く含まれており、LEDの普及や使用時間の増加…続きを読む

スマホやパソコンの「ブルーライト」が危ない! 眼病だけでなく睡眠障害や肥満のリスクにも!

「ゼロカロリーは太らない」は都市伝説 !? 人工甘味料が肥満を誘引!

ゼロより怖いものはない!?(写真はイメージ) ゼロカロリーの清涼飲料水やスポーツドリンクは言うに及ばず、「ゼロカロリーきなこもち」に「ゼロカロリーあんみつ」「ゼロカロリーゼリー」などと、スーパーやコンビニを一回りしただけで、ゼロカロリー商品の多さに驚く。しかし、「ゼロカロ…続きを読む

「ゼロカロリーは太らない」は都市伝説 !? 人工甘味料が肥満を誘引!
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘