「闘病記」の記事一覧

声優・水谷優子さん没後1年 乳がんで急逝する直前まで『ちびまる子ちゃん』のアフレコに

その急逝の報に触れてから、早くも1年が過ぎようとしている。 アニメファンや声優通でなければ、画面クレジットの「水谷優子」を目にしても、ご本人の顔や「ケロリン」という愛称を知る人はどれだけいただろうか。 しかし、それでも、『ちびまるこちゃん』(フジテレビ系アニメ)の「…続きを読む

声優・水谷優子さん没後1年 乳がんで急逝する直前まで『ちびまる子ちゃん』のアフレコに

食道がん闘病記〜父のがんが見つかって5カ月間、家族は何ができたのか?

『親ががんだとわかったら――家族目線のがん治療体験記』(はにわきみこ/文藝春秋) 家族ががんになったときに、家族はどのように対処したらいいか? そのノウハウを家族目線で教えてくれる一冊です。72歳の父が食道がんと告げられ、手術・退院までの5カ月間に、家族は何を分担し、どう動い…続きを読む

食道がん闘病記〜父のがんが見つかって5カ月間、家族は何ができたのか?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫