いま大流行の「水素水」は本当に老化を止めるか? 科学的根拠のない情報や便乗商品に注意!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1749-2.jpg

科学的根拠のない便乗商品も(shutterstock.com)

 大手スーパーからコンビニエンスストア、ドラックストアの水コーナーなどで「水素水」が目に付くようになった。棚に並んでいるのはアルミパウチやペットボトルだが、通販などでは自分で作るステックタイプやサーバー、水素水生成器などもあるようだ。

 ところで、今さらだが「水素水」ってなんだ?

 水素水とは、水素分子(H2)を高濃度に溶かした水のこと。つまり水素が豊富に溶け込んでいる水である。この水素水が「老化を食い止める」働きがあるというが、本当なのだろうか?

老化を加速するものとは?

 人の体はどんなに若さを誇っていても40代を境に生体の酸化を食い止める抗酸化力が落ちて、悪玉活性酸素を退治できなくなる。そのため肌の老化ばかりか全身の細胞が不調をきたす。シミやシワ、忘れっぽくなるなど、老化現象のスピードが加速する。

 老化を速めるのは生体の「酸化」と「糖化」だ。

 日々浴びる紫外線、喫煙、ストレスなどにより、体内の酸素が悪玉活性酸素化して細胞にダメージを与える。シミなどがいい例だ。これがいわゆる酸化による「錆び付き」である。

 これに対し糖化は「焦げ付き」とも言われる。食べ過ぎなどで余った糖分がたんぱく質と結合して「AGEs(エイジス)」という老廃物をつくるが、この物質自体が褐色なので、肌のくすみの原因と言われる。また、AGEsは血管を厚く硬くするので動脈硬化や脳梗塞などの引き金になる。

 水素水には、老化の原因である悪玉活性酸素と結びつき、汗や尿となって排出する性質があるという。また、AGEsの生成を食い止める働きがあるということもわかってきた。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆