「介護保険」の記事一覧

「人間らしさを取り戻す」4つのポイント~認知症の介護で注目の「ユマニチュード」

2025年、団塊の世代はすべて75歳以上になり、日本の高齢化社会はピークを迎える――。 4月3日付の朝日新聞の記事によると、2025年に向けて全国の入院ベッドを1割以上、実に15万床以上削減し、入院患者を在宅医療へ移行させる案が「地域医療構想」によって計画されているとい…続きを読む

「人間らしさを取り戻す」4つのポイント~認知症の介護で注目の「ユマニチュード」

「寝たきり老人」を量産している!? 医師や看護師......医療スタッフの"延命至上主義"

ここに興味深い調査結果がある。NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」(代表・樋口恵子)が2013年に行なった「人生最期の医療に関する調査」だ。調査対象は、全国の10代〜90代の5390人(女性4031人、男性1359人)。 食べられなくなり、意思表示ができなくなり、治…続きを読む

「寝たきり老人」を量産している!? 医師や看護師......医療スタッフの

寝たきり大国200万人時代が到来! 栄養管理は? 体重管理は?

脳卒中や足腰の骨折などで寝たきり状態になると、途端に「介護」の二文字が家族に、そして周囲に、重くのしかかる。メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームなど、脳卒中や足腰の骨折を防ぐため、厚労省は躍起になっているが、がん健診や健康診断同様、疾患の実数はあまり減っては…続きを読む

寝たきり大国200万人時代が到来! 栄養管理は? 体重管理は?
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆