「認知症」の記事一覧

腸内細菌が認知症に関連している可能性示す研究に注目

「腸内細菌が認知症と関連している」とする知見が注目されている。 国立長寿医療研究センター(愛知県)もの忘れセンターの佐治直樹副センター長らの研究グループは、「日本人の高齢者の腸内細菌の組成は認知症と深く関連している可能性がある」と、指摘する研究成果を国際脳卒中学会(ISC…続きを読む

腸内細菌が認知症に関連している可能性示す研究に注目

認知症は予防できない? 「長生きの証」というポジティブな考えもある

「高齢化率」という言葉がある。これは「総人口に占める65歳以上の割合」のことで、平成28年の時点で日本の高齢化率は27.3%(65歳以上の人口は3459万人)。もちろん世界一だ(平成29年版高齢社会白書・内閣府)。 高齢者が増えるということは、認知症の人も増えることは必…続きを読む

認知症は予防できない? 「長生きの証」というポジティブな考えもある

高齢者が免許返納を心に決めるきっかけとは? 3万以上が認知症ドライバーの時代に

85歳の容疑者は、半年前ごろから、車を車庫に接触させるなどの物損事故をくり返していた。再三にわたる家族の免許返納の説得も無視し続けたため、今年の年頭には「カギを隠す」旨を宣告されていた――。 しかし、1月9日の朝、一瞬の隙をついて家族の目を盗み、通常よりも2時間早く車を…続きを読む

高齢者が免許返納を心に決めるきっかけとは? 3万以上が認知症ドライバーの時代に
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇