「薬害」の記事一覧

シリアが使った化学兵器「塩素ガス」に世界中が震撼! 身近な場所でも毒ガスは発生している!

シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区などので、住民に甚大な被害をもたらした化学兵器使用疑惑――。米国の報道機関は、アサド政権によって「塩素ガス」や「サリン」が使用されたと報道した。 米国は、被害者の臨床症状や血液・尿を検査したところ、塩素ガス中毒が一因であると認めた…続きを読む

シリアが使った化学兵器「塩素ガス」に世界中が震撼! 身近な場所でも毒ガスは発生している!

女性徒に「黒染め強要・いじめ」を続けた高校は、損害賠償請求にどう応えるのか?

「茶髪は校則違反」であることを理由に学校から黒染めを強要され不登校になったとして、大阪府羽曳野市の府立高校に通う高校3年の女子生徒が、大阪府を相手に慰謝料など計約220万円を求める損害賠償訴訟を大阪地裁に起こした。 10月27日の第1回口頭弁論で大阪府側は請求棄却を要…続きを読む

女性徒に「黒染め強要・いじめ」を続けた高校は、損害賠償請求にどう応えるのか?

向精神薬「アモキサピン」の大量服用による自殺を考える〜患者・家族・治療医に求められる対応とは?

私が10年ほど前に経験した、抗うつ薬を大量服用して服用後短時間で死亡した患者さんについて紹介しよう――。 約2年前よりうつ病と診断され、某メンタルクリニックで治療していた26歳の女性。抗うつ薬アモキサピンを1日用量150mg、毎回2週間分処方されていた。 同棲してい…続きを読む

向精神薬「アモキサピン」の大量服用による自殺を考える〜患者・家族・治療医に求められる対応とは?
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛