長寿世界一は256歳だった!? 中国の李清雲さんが語る長寿の秘訣とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_superoldman.jpg

李清雲さんといわれる人物

 トランプ大統領が馬鹿の一つ覚えのように偽ニュース(fake news)」を連発しているが、あなたは次のニュースを真実だと考えるだろうか?

「これまで世界で一番長生きしたのは李清雲さんという中国人で、その年齢実に256歳だった」

あのニューヨーク・タイムズ紙が伝えた驚愕の事実!?

 これはニュースサイト「大紀元」が23日に「256歳まで長生き! その秘訣は?」というタイトルで伝えた記事だ。

 説明によると、成都大学教授・胡忠謙が、1930年発刊のニューヨーク・タイムズ紙に「1827年、清朝政府は李清雲さんの150歳の誕生日をお祝いし、さらに1877年には、200歳の誕生日をお祝いした」という記事を発見したという。

 トランプ大統領が<fake newsの長男>と呼ぶ名門新聞だ!

 また、その2年前(1928年)に、同紙記者が、李清雲さんの近所に住んでいる人たちに取材をしていて、「少年時代、祖父から李清雲さんの話を聞いて育ちましたので、よく知っていますよ。李清雲さんは子どもの頃から大人でした」との取材記録もあるという。

 李清雲は10歳から漢方を学び、甘粛省、陝西省、チベット、安南、西安、満州などの山林の中へ薬草を採取して、寿命を延ばし長生きする為の薬草を研究した。約40年間、霊芝、クコ、オタネニンジン、ツルドクダミ、ツボクサ、米酒だけの食べ物で生き延びた。

1749年、李清雲は71歳のとき、武術老師の地位で軍隊に入隊。隊内でも人気があったが、私生活では結婚を23回、子供を200人以上もうけた。

 李清雲は、一度だけ500歳の人物に会ったことがあるとのこと。この人物は李清雲に気功を教えると共に、飲食についてアドバイスもした。この人物との出会いにより、世間一般の認識を超越した境地まで長生きする事が出来た。

 李清雲は、よく人から「長寿の秘訣はなんですか?」という質問を受け、「いつも心を穏やかに維持する事。そして、座るときは亀のように、歩くときは気力あふれる鳩のように、寝るときは犬のように」と答えた。

李清雲の驚きの長寿の秘訣は、心身を穏やかに保ち、呼吸の技巧を使うことだった。
 
 ところで、この記事では李清雲さんが一度だけ500歳!!の人物に会っているとしている。ここまでくるとさすがに眉唾か?

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘