「東洋医学」の記事一覧

「中医学マッサージ・ロボット」を開発! 世界に誇る日本のマッサージチェアの未来は?

近い将来、クリニックやマッサージサロンで背中や腰の痛みをモミモミしてくれるのは、「マッサージ・ロボット師」になるかもしれない――。 このシンガポールで開発されたスマート(賢い)ロボット・マッサージ師の名は「Emma(Expert Manipulative Massage…続きを読む

「中医学マッサージ・ロボット」を開発! 世界に誇る日本のマッサージチェアの未来は?

“ビックデータ”をもとに「ツボ」を確定? WHOも認めた361ポイント

「“ツボ”をはずした質問」といえば的外れな質問、「まんまと思う“ツボ”にはまった」といえば、ドンピシャと計略にひっかかった――。 日本人なら、だれでも知っている「ツボ」。そして、この「ツボ」が、もともとは指圧やお灸をする体の“ポイント”だということも、日本人の多くが知…続きを読む

 “ビックデータ”をもとに「ツボ」を確定? WHOも認めた361ポイント

元気が出る食べ物&漢方ドリンクでGWの遊びすぎ疲れを回復、その先も頑張る!

GWだからといって強行した旅行や朝までの飲み会、普段しないレジャーやスポーツへの挑戦...。遊びすぎて疲れたのだから、自業自得と思ってはみても、それでだるさがとれるわけではありません。仕事に影響を与えないためにも、体調を崩さないためにも、溜まった疲れを解消し、とりあえずその…続きを読む

元気が出る食べ物&漢方ドリンクでGWの遊びすぎ疲れを回復、その先も頑張る!
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛