「東洋医学」の記事一覧

風邪やインフルエンザに効く「漢方薬」はコレ! ただし重大な副作用やアレルギー反応が出ることも

陽気なフェミニスト作家、ジョルジュ・サンドは「陽気でいることが肉体と精神の最上の健康法だわ」と微笑む。「芸術は爆発だ!」の岡本太郎は「いいや! 健康法なんて考えないことが、いちばんの健康法だぞ!」とやんわりと交される――。 健康は泡のように脆い。まるで振子のように右に左…続きを読む

風邪やインフルエンザに効く「漢方薬」はコレ! ただし重大な副作用やアレルギー反応が出ることも

秋口に冷房や秋雨で冷えすぎた体を回復させる方法とは!?

突然秋の気配が濃厚になっても、冷房の設定がそのままだと、想像以上に体が冷えすぎるもの。会社や電車の中の冷房は、スーツを着ている男性に快適でも、薄着の女性にとっては寒いくらいの温度に設定してあることが多いようです。特に、もともと冷え性気味の人には、冬よりつらい季節といえるかも…続きを読む

秋口に冷房や秋雨で冷えすぎた体を回復させる方法とは!?

西洋医学で発見できない初期のがんを、体の異常信号から見つける中医学

私の治療院には、さまざまながんに罹っている患者さんが来院され、相談、治療をおこなう。その中で共通して発せられる問いは「がんは早期発見できるか?」ということである。腫瘍マーカー、CT、MRI、細胞診などの先進的な西洋医学の検査により、一部、がんの早期発見ができるようになった。…続きを読む

西洋医学で発見できない初期のがんを、体の異常信号から見つける中医学
「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛