「皮膚」の記事一覧

「タトゥー」を入れた日本人の8割以上の人が後悔! <若気の至り>を消す方法とは?

米国の大手世論調査機関「Pew Research Center」が行った調査(2013年7月)によれば、タトゥーを入れている米国人は、全人口のおよそ14%(4500万人)、18〜25歳の36%、26〜40歳の40%だ。男性(19%)より女性(23%)のほうが多い。 一方…続きを読む

「タトゥー」を入れた日本人の8割以上の人が後悔! <若気の至り>を消す方法とは?

「ニッポン美肌県」4連覇は選挙制度で揺れる過疎が進むあの県~美肌をつくる“5大要件”とは?

今回の参院選のテーマのひとつは「選挙制度」。隣接する選挙区を一つにする「合区」が、憲政史上初めて運用された。 「一票の格差」是正のため、「島根・鳥取」「徳島・高知」の4県をそれぞれひとつにしたことで、自分たちの県を代表する議員がいなくなる。 最高裁から違憲状態と指摘…続きを読む

「ニッポン美肌県」4連覇は選挙制度で揺れる過疎が進むあの県~美肌をつくる“5大要件”とは?

氾濫する化学物質入り “自然派コスメ”~真の自然派コスメが「環境ホルモン」濃度を低下させる

いよいよ気候が暖かくなり、気分は心地よくとも、肌が敏感な人には少々つらいところ時期だ。 空気の乾燥や花粉の飛散、そして、冬に代謝低下で弱った肌がトラブルを起こしやすくなる。 肌を刺激する身近なものといえば、化粧品やシャンプー。敏感肌の人は、その商品選定も神経質になる…続きを読む

氾濫する化学物質入り “自然派コスメ”~真の自然派コスメが「環境ホルモン」濃度を低下させる
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛