「皮膚」の記事一覧

インスタント食品、子供が電子レンジ使用時の火傷多発…非対応の容器加熱は極めて危険

NHK連続テレビ小説『まんぷく』の話題を持ち出すまでもなく、日本人とインスタント麺の関係は深い。世界ラーメン協会の調べ(昨年5月時点)でも、日本の即席麺消費量は、人口で比較にならない中国、インドネシアに次いで3位にランクされている。 だがインスタント食品は、「便利でお…続きを読む

インスタント食品、子供が電子レンジ使用時の火傷多発…非対応の容器加熱は極めて危険

皮膚の常在菌移植でアトピー性皮膚炎改善!成人10人中6人、小児5人中4人が軽減

米国立アレルギー・感染症研究所のIan Myles氏らの研究チームは、「健康な人の皮膚の常在菌をアトピー性皮膚炎患者の皮膚に移植すると、ステロイド外用薬の使用量を減らし、アトピー性皮膚炎(湿疹)が軽快した」とする、第I相/II相試験の研究成果を、『JCI Insight』2…続きを読む

皮膚の常在菌移植でアトピー性皮膚炎改善!成人10人中6人、小児5人中4人が軽減

「乾癬(かんせん)」はメタボの男性が発症しやすい!その治療法は?バイオ製剤とは?(後編)

道端アンジェリカさんがカミングアウトしたことで有名になった「乾癬(かんせん)」という病気。実は8対2で、圧倒的に男性のほうが発症者は多いのだという。外見的な問題から、いわれのない差別を受けたりすることで、うつ状態に陥る人も多い。後編では、近年登場して治療の選択肢を飛躍的に広…続きを読む

「乾癬(かんせん)」はメタボの男性が発症しやすい!その治療法は?バイオ製剤とは?(後編)
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆