「皮膚」の記事一覧

炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」

このところ、各飲料メーカーが新しい炭酸水商品を投入している。かつてウイスキーなどの割材として消費されていた無糖炭酸水が、直接飲みの商品として市場を急速に拡大している。「第二次炭酸ブーム」という言葉さえ聞こえてくる。 しかし、炭酸水という言葉や商品名が急速に広がる中で、そ…続きを読む

炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」

アラサーは「スマホ焼け」が深刻?「スマホ下がり肌」にもご注意を

俗に「タバコ顔」「喫煙者容貌」とも称されるスモーカーズフェイス(smoker’s face)については過去記事でも触れた(参考:「見た目の劣化」は過度の飲酒やタバコが招いた結果かも…)。習慣的な飲酒から日焼け状の赤い顔になってしまう「酒焼け」(drink-reddened …続きを読む

アラサーは「スマホ焼け」が深刻?「スマホ下がり肌」にもご注意を

道端アンジェリカさんがカミングアウトした「乾癬(かんせん)」とはどんな病気?(前編)

道端アンジェリカさんが告白したことから有名になった「乾癬(かんせん)」という病気。皮膚が赤く盛り上がり、銀白色のフケのようなものがぽろぽろと剥がれ落ちるのが特徴で、見た目の問題や周囲の理解不足などから生活の質(QOL)を著しく低下させる。 また、「かんせん」という発音か…続きを読む

道端アンジェリカさんがカミングアウトした「乾癬(かんせん)」とはどんな病気?(前編)
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆