「皮膚」の記事一覧

「目肌焼け」予防にサングラスを! 肌のシミの原因は<目からの紫外線>?

目に〇〇〇が入ると角膜に炎症が起き、目のダメージを察知した□は、日焼けやシミの元となる△△△△を体内に発生させる。それは最近のマウス実験で明らかにされ、ヒトにも高確率で起こりうる現象だといわれる――。 さて、あなたは上記の〇□△の空欄を埋められただろうか? 正解は〇が「…続きを読む

「目肌焼け」予防にサングラスを! 肌のシミの原因は<目からの紫外線>?

皮膚がん誘発させる「紫外線」対策7つのポイント〜日陰・薄曇り・雨・室内でもUVケアは万全に!

肌の肌理(きめ)の細やかさ。大和撫子らしさの象徴だが、その脆弱さに付け入るのが、夏の強い日ざしだ。なぜ紫外線は怖いのか? なぜ対策(UVケア)が必要なのか? サラッとまとめよう。 太陽光線は、目に見える可視光線と目に見えない不可視光線がある。不可視光線の中で最も波長の短…続きを読む

皮膚がん誘発させる「紫外線」対策7つのポイント〜日陰・薄曇り・雨・室内でもUVケアは万全に!

スマホケースで化学火傷? 液体の入った通称「キラキラケース」が危険!

肌身離さず身に付けるものとして、近年、不動の上位にランクインしているスマートフォン。依存症、中毒者が生まれていることが社会問題になっているのはご存じのとおり。 関連グッズも嗜好を凝らしたさまざまなものが登場。なかでも、愛用機のカスタマイズにもっともインパクトがあるのが…続きを読む

スマホケースで化学火傷? 液体の入った通称「キラキラケース」が危険!
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘