「自然食・長寿食」の記事一覧

2030年には韓国が世界一の長寿国に! 日本の最大の問題は「健康寿命」を延ばすこと

NASA(アメリカ航空宇宙局)では、2030年に人間を火星に送り込む構想がある。一方、この地球という星では、その2030年までに「世界の多くの国々で平均寿命が延びる見通し」との大規模な国際調査の結果が先月公表された。 話題の調査は英インペリアル・カレッジ・ロンドンの科学…続きを読む

2030年には韓国が世界一の長寿国に! 日本の最大の問題は「健康寿命」を延ばすこと

ウインナー1本で25秒!コーヒー1杯で20秒!? ひじきの煮物で58分! これで寿命が縮む?

トンデモ情報? 荒唐無稽の似非科学? 虚々実々のガセネタ? 食事や行動で寿命の減少を測った「損失余命」は、どこまで信頼できる? ネットサーフィンするまでもなく、玉石混淆の怪しいサイトやら、虚々実々のトンデモ情報やらが、これ見よがしに氾濫している。またぞろ性懲りも…続きを読む

ウインナー1本で25秒!コーヒー1杯で20秒!? ひじきの煮物で58分! これで寿命が縮む?

「地中海式ダイエット」ならアブラたっぷりでも健康に! 良質な脂肪が長寿にも効く?

現代の栄養学においては、もはや「脂肪」=「ダイエットと健康の大敵」という時代は完全に終わりを告げたようだ。むしろ良質な脂肪であれば積極的に、たっぷり摂ることが長寿の鍵になるという。 それを明らかにする新たなレビューが7月19日、米・内科学会の学術誌『Annals of …続きを読む

「地中海式ダイエット」ならアブラたっぷりでも健康に! 良質な脂肪が長寿にも効く?
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛