「食品」の記事一覧

発がん物質づけ新鮮えびにアルツハイマー中華まん! 中国旅行で気をつけたい料理

そろそろお盆休みの海外旅行の計画も具体化した頃だろう。2014年の日本人海外旅行先ランキングを見ると1位はアメリカで約358万人、2位が中国で272万人、3位が韓国で約228万人となっている(日本政府観光局・国際観光振興機構の集計)。 ここ数年、中国人観光客による日本で…続きを読む

発がん物質づけ新鮮えびにアルツハイマー中華まん! 中国旅行で気をつけたい料理

バターはカラダにいいのか? いまだ続く論争にアブラを注ぐ「バター善玉論」

近年、アブラに関する評価は一変してきた。従来の「カラダに悪いから制限を」から「積極的な摂取を」というものである。●関連記事「アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!」 だが、一方では生物医学界を中心に、食品に含まれる“特定種の脂肪”が健康…続きを読む

バターはカラダにいいのか? いまだ続く論争にアブラを注ぐ「バター善玉論」

外食チェーンの料理は体に悪い!? 大切なのは「消費者が意識を変えて行動で示す」こと

外食をするとき、食材を買うとき、私たちは無意識に「体に悪いものは売っていないはずだ」と考えている。そしてそれは、ある意味、事実である。日本で提供されているのは、基本的に「安全」な食品だ。ただし、ここでいう「安全」とは、急性毒性がないということであり、継続的に食べた場合の安全…続きを読む

外食チェーンの料理は体に悪い!?  大切なのは「消費者が意識を変えて行動で示す」こと
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太