「食品」の記事一覧

土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に

7月30日(土)の「土用の丑の日」を前に、スーパー、百貨店、小売店のウナギ商戦が熱い。 2012年に高騰して以来、高値が続くニホンウナギ。高値の元凶は、昨冬の稚魚(シラスウナギ)の不漁だ。しかも今年は、稚魚が餌を食べず成長が遅れたため、販売価格が高止まりした。スーパー、…続きを読む

土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に

中国産の激安冷凍ギョーザの危険性〜発がん性の疑いがある「加工でん粉」が含まれている!?

冷凍ギョーザといえば、2008年に明るみになった中国産の農薬入り冷凍ギョーザ事件を思い浮かべる人も多いだろう。この事件の後、東京都は、消費者向けに販売される国内産の調理冷凍食品について、原料生産地の表示を義務付けた。 しかし、東京都の条例なので、対象となるのは、当然、都…続きを読む

中国産の激安冷凍ギョーザの危険性〜発がん性の疑いがある「加工でん粉」が含まれている!?

「希少糖」が世界を席巻!? 甘さ30%オフでカロリーゼロの香川生まれの「夢の甘味料」

「甘い話には毒も罠もある、絶対に乗るなよ!」――口が酸っぱくなるほど言われても、誘惑に負けてうっかり手を出してしまう。甘いものには徹頭徹尾、甘い。それが悲しいかな、人間の性らしい。 経済ジャーナリストの松崎隆司が著した『香川発 希少糖の奇跡――太りにくい「夢の甘味料」』…続きを読む

「希少糖」が世界を席巻!? 甘さ30%オフでカロリーゼロの香川生まれの「夢の甘味料」
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆