「食品」の記事一覧

火を使わずおいしくできる! 熱中症に負けないレシピ 上手に補給したい「エン・テツ・サン」

全国各地で気温35度以上の猛暑日が続き、熱中症に倒れる人も続出している。水分をこまめにとるなどの対処法は多くの人が心がけているはず。また、あっさりした食事にかたよりがちだが、暑さに負けないための栄養をとることも心がけたい。栄養士で料理研究家の若宮寿子さんに、手軽でおいしい熱…続きを読む

火を使わずおいしくできる! 熱中症に負けないレシピ 上手に補給したい「エン・テツ・サン」 

若い女性もターゲット、世界初コラーゲン入り、ノンアルコール・ビール登場! 健康志向の"戦いの行方"

夏の宴会はやっぱりビール! グラスを高々とあげて「乾杯!」、冷えたヤツをゴクリと飲むうまさは、なにものにも変えがたい。 だが、いくらうまそうでも、飲みたくても飲めな人はいる。たとえば、車を運転中の人、妊娠中や授乳期の人、あるいは体質的にアルコールを受け付けない下戸の人.…続きを読む

若い女性もターゲット、世界初コラーゲン入り、ノンアルコール・ビール登場! 健康志向の

遺伝子組み換え食品の表示をめぐる戦いは、アメリカで熱い!

消費者は自分が口にする食べ物が遺伝子組み換え(GM)食品であるかどうかを知りたいと思っても、その実態はほとんど知りえない。現状では日本も含め、世界で64カ国が表示義務を課してしるものの、その表示の方針やレベル、方法は世界各国で大きく異なる。 規制の厳しいEU(欧州連合…続きを読む

遺伝子組み換え食品の表示をめぐる戦いは、アメリカで熱い!
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子