「うつ病」の記事一覧

「不眠大国ニッポン」に良い眠りをもたらすためになすべきことは何か?

最近の睡眠科学の進展は目を見張るものがある。睡眠障害と関連の深い疾患、とくにうつ病の治療を専門とする杏林大学の古賀良彦名誉教授にお話を伺った。日本人は国際的に見ても眠らない傾向「日本人は毎日の通勤電車の中はもちろんのこと、海外旅行に行っても観光バスの中でよく寝ていま…続きを読む

「不眠大国ニッポン」に良い眠りをもたらすためになすべきことは何か?

スマホの普及で急増の自律神経性うつ 「首こり病」治療で改善する!

うつ病や双極性障害(躁うつ病)など、いわゆる「気分障害」にかかる20〜30代が激増している。原因は「ストレス社会」などと言われているが、実は「スマートフォンの普及と気分障害の増加は正比例」している。 スマホを使用するようになると、人は長時間、うつむき気味の姿勢で画面を見…続きを読む

スマホの普及で急増の自律神経性うつ 「首こり病」治療で改善する!

俳優ロビン・ウィリアムズの自殺に後追いの連鎖~SNS時代の自殺報道のあり方

2014年8月~12月の5カ月間に限り、米国内の自殺既遂者が、統計上の予測人数を1841人も著しく上回っていた。その背景には、縊死(首つり自殺)した名優の「後追いの影響」である可能性が高い――。 その詳細が分析されたのが『PLOS ONE』(オンライン版2月7日付)に掲…続きを読む

俳優ロビン・ウィリアムズの自殺に後追いの連鎖~SNS時代の自殺報道のあり方
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫