「うつ病」の記事一覧

スマホの普及で急増の自律神経性うつ 「首こり病」治療で改善する!

うつ病や双極性障害(躁うつ病)など、いわゆる「気分障害」にかかる20〜30代が激増している。原因は「ストレス社会」などと言われているが、実は「スマートフォンの普及と気分障害の増加は正比例」している。 スマホを使用するようになると、人は長時間、うつむき気味の姿勢で画面を見…続きを読む

スマホの普及で急増の自律神経性うつ 「首こり病」治療で改善する!

親なき後に精神障害者を支える仕組み~『リリー賞』自立支援の取り組み

3月23日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、『第14回・精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)』の表彰式が行なわれた。 リリー賞は、認定特定非営利活動法人地域精神保健福祉機構(コンボ)が主催し、製薬会社の日本イーライリリーが協賛。精神障害者でありながらも、その困難を…続きを読む

親なき後に精神障害者を支える仕組み~『リリー賞』自立支援の取り組み 

慢性片頭痛患者の30%以上が「気分障害」や「うつ病」を併発している?

「頭が痛い」という「ことわざ/慣用句」は、誰が言うでもな、皆さんも知らずに使っていると思います。その意味を調べると、辞書には「心配ごとや悩みごとで頭が痛くなる程に苦しむこと、心配などで思い悩む様子を意味する表現」と表現されています。 この心配や悩みごとが積み重なり思い詰…続きを読む

慢性片頭痛患者の30%以上が「気分障害」や「うつ病」を併発している?
脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆