デリケートゾーン・ケアから見えてくる次世代の女性医療の在り方

「デリケートゾーンのケアで肝心なのは㏗値です」と断言するのは浜松町ハマサイトクリニックの吉形玲美医師。 産婦人科医として女性医療・更年期医療などの分野を中心に臨床と研究に取り組んでいるが、女性特有のケアの一つとして、デリケートゾーンは非常に重要だと指摘する。腟の免疫力…続きを読む

デリケートゾーン・ケアから見えてくる次世代の女性医療の在り方
特集 : 特集 デリケートゾーンのケアは大切!

デリケートゾーン・ケアから見えてくる次世代の女性医療の在り方

「デリケートゾーンのケアで肝心なのは㏗値です」と断言するのは浜松町ハマサイトクリニックの吉形玲美医師。 産婦人科…続きを読む

NEW 2020.11.16
デリケートゾーン・ケアから見えてくる次世代の女性医療の在り方
好評連載

9月入学・始業はICTの拡充とセットにして初めて効果がある

9月入学・始業はICTの拡充とセットにして初めて効果がある

花粉症の根本改善は可能なのか? 漢方薬は花粉症にこう効く!

花粉症の根本改善は可能なのか? 漢方薬は花粉症にこう効く!

かき氷頭痛・アイスクリーム頭痛はどうして起きるのか? 最新知見から考える

かき氷頭痛・アイスクリーム頭痛はどうして起きるのか? 最新知見から考える

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

日本は未だに脳出血多発国、午前中の発症に注意。脳梗塞のリスクは夜間睡眠中

日本は未だに脳出血多発国、午前中の発症に注意。脳梗塞のリスクは夜間睡眠中
カテゴリ別記事
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子