政府の認知症予防は危険だらけ 症状を進行させコミュニティを分断させる恐れも

6月18日、政府は認知症施策推進大綱を発表した。「予防」と「共生」を2本柱の目的として掲げ、高齢社会のなかで認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会を目指すことを目標としているものだ。 ニュースで報道されていたこともあり、私が普段訪問している長屋の高齢者も、「…続きを読む

政府の認知症予防は危険だらけ  症状を進行させコミュニティを分断させる恐れも
好評連載

かき氷頭痛・アイスクリーム頭痛はどうして起きるのか? 最新知見から考える

かき氷頭痛・アイスクリーム頭痛はどうして起きるのか? 最新知見から考える

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

脳出血、なぜ「冬の月曜朝」に発症多い?意識障害や言語障害、危篤状態に陥るケースも

脳出血、なぜ「冬の月曜朝」に発症多い?意識障害や言語障害、危篤状態に陥るケースも

治療用顕微鏡を使った「歯の神経治療(歯内療法)」の3つの方法

治療用顕微鏡を使った「歯の神経治療(歯内療法)」の3つの方法

理想的な「糖質」の摂取量は「母乳」に行きつく?日本人の平均値55~60%は摂りすぎ

理想的な「糖質」の摂取量は「母乳」に行きつく?日本人の平均値55~60%は摂りすぎ
カテゴリ別記事
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆