「乾癬(かんせん)」はメタボの男性が発症しやすい!その治療法は?バイオ製剤とは?(後編)

道端アンジェリカさんがカミングアウトしたことで有名になった「乾癬(かんせん)」という病気。実は8対2で、圧倒的に男性のほうが発症者は多いのだという。外見的な問題から、いわれのない差別を受けたりすることで、うつ状態に陥る人も多い。後編では、近年登場して治療の選択肢を飛躍的に広…続きを読む

「乾癬(かんせん)」はメタボの男性が発症しやすい!その治療法は?バイオ製剤とは?(後編)
好評連載

なぜ「二日酔いの頭痛」に苦しめられるのか?アルコールと頭痛の関係

なぜ「二日酔いの頭痛」に苦しめられるのか?アルコールと頭痛の関係

睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!

睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!

顕微鏡医学の歴史〜歯科での顕微鏡の使用は根管治療からスタート

顕微鏡医学の歴史〜歯科での顕微鏡の使用は根管治療からスタート

マラソンランナーの「筋肉」は何色? ヒントは<赤身魚と白身魚の違い>にある!

マラソンランナーの「筋肉」は何色? ヒントは<赤身魚と白身魚の違い>にある!

睡眠不足や睡眠障害で腰痛に? 免疫機能の乱れから痛みに敏感に……

睡眠不足や睡眠障害で腰痛に? 免疫機能の乱れから痛みに敏感に……

2型糖尿病でも糖質をどうしても食べたい人は「食べ順」食事療法でダイエットを

2型糖尿病でも糖質をどうしても食べたい人は「食べ順」食事療法でダイエットを
カテゴリ別記事
年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫