「肝臓/胆のう/膵臓」の記事一覧

【閲覧注意】胆嚢炎のなれの果て? 胆石で満ちた陶器のような胆嚢

「胆石症」の痛みは、「尿管結石」「痛風」とともに「三大激痛」として古くからあげられているほどの激痛だ。 痛みの原因となるのは、「胆嚢(たんのう)」にできたサイコロやおはじき、庭の小石のような物体。胆石は、胆汁成分が固まって(結晶化)起きる異常な状態である。 胆嚢の最…続きを読む

【閲覧注意】胆嚢炎のなれの果て? 胆石で満ちた陶器のような胆嚢

「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発

米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のCesar Castro氏らの研究グループは、膵がんの早期診断につながる新たな血液検査を開発し、『Science Translational Medicine』に発表した(「HealthDay News」 2017年5月24日)。…続きを読む

「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発

酒の飲み過ぎで危険なのは肝臓だけではない! 膵臓・胃腸・心臓に及ぼすリスクの実態

酒の飲み過ぎは肝臓によくない! では、膵臓、胃腸、心臓、脳、神経系、筋肉系、骨格系、ホルモン系、生殖系などへの影響はないのか? 今回は、酒が、膵臓、胃腸、心臓に及ぼす甚大な障害やリスクを噛み砕いて話そう。危ないのは肝臓だけじゃない! 酒の飲み過ぎは膵臓も窮地に追…続きを読む

酒の飲み過ぎで危険なのは肝臓だけではない! 膵臓・胃腸・心臓に及ぼすリスクの実態
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆