「食品」の記事一覧

中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ 中国では日本食品を危険視

中国産の食品に対する警戒感は依然高い。毒入り冷凍ギョーザ事件、期限切れの鶏肉チキンナゲット事件、インドネシアで見つかった中国製のプラスティック米などなど数えだしたらきりがない。 こんな事件もあった。北京大衆紙・新京報が伝えた「「光る豚肉」だ。飼育のとき、基準値を超えた…続きを読む

中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ 中国では日本食品を危険視

長生きにベストな「野菜と果物の量」はコレ! 95の研究と200万人の事例で結論

健康のためには、野菜や果物をたくさん食べるべき──これまでさんざん聞かされてきた言説である。 ちなみに日本の厚生労働省は、成人の1日あたりの平均摂取量の目標値を「350g以上」としている。ところが、平成22年国民栄養・健康調査での平均値は268g。目標値に届かないのが現…続きを読む

長生きにベストな「野菜と果物の量」はコレ! 95の研究と200万人の事例で結論

歌手スガシカオの異常な食習慣! 粉チーズで麺が見えないパスタ、ショウガまみれの牛丼……

2009年に発足というから、それなりの歴史を持つ「あればあるだけかけちゃう、かけすぎ部(現・かけすぎ部)」の存在をご存じだろうか? 部長は、あの『夜空ノムコウ』の作詞者として知られるシンガーソングライターのスガシカオさん。 一説には部員が「全国に数千人、いや一万をは…続きを読む

歌手スガシカオの異常な食習慣! 粉チーズで麺が見えないパスタ、ショウガまみれの牛丼……
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太