「スポーツ」の記事一覧

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

熱中症対策が新たな風物詩? 8月5日、甲子園球場(兵庫・西宮市)で全国高校野球選手権大会が開幕した。今年は記念すべき第100回大会、開会式には史上最多の56校が出揃い、晴れの入場行進に臨んだ。 今夏の「異変」を何よりも象徴していたのが、選手陣やプラカードを持つ生徒らの…続きを読む

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

体操・内村航平選手を支えてきた凄腕トレーナーが教える健康法と疲労回復のコツ

北京、ロンドン、リオデジャネイロのオリンピック3大会で7つのメダルを獲得し、個人総合2連覇を果たした体操の内村航平選手――。体操の種目別ワールドカップ・カタール・ドーハ大会(3月21日~24日)では、左足首負傷で途中棄権となった昨年10月の世界選手権以来、久しぶりに実戦に復…続きを読む

体操・内村航平選手を支えてきた凄腕トレーナーが教える健康法と疲労回復のコツ

『24時間テレビ』出演の羽生結弦選手から伝わる「喘息を理解してほしい」という思い

喘息は苦しくて大変な病気だろうが、それで死ぬことはない……。そう思っている人が多いだろうが、実は「突然死」を招く恐ろしい病気だ。日本での2014年の喘息死亡数は1550人。『喘息予防・管理ガイドライン2015』によれば、重症の患者だけでなく軽症の患者も、喘息で死亡していると…続きを読む

『24時間テレビ』出演の羽生結弦選手から伝わる「喘息を理解してほしい」という思い
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太