「耳/鼻/のど」の記事一覧

聴力が事故に遭うリスクを下げる!? 音楽フェス好きは耳の休息日を……

「難聴」と聞いて、あなたが連想する不自由さとはどんなことだろうか? 好きな音楽を満喫しづらくなる。他人との会話に多少なりとも支障が生じるだろう。TVドラマのセリフだって聞き逃すかもしれない。名前を呼ばれても気づかない場面が増えるかも……。 大方の解答はそんなものかと…続きを読む

聴力が事故に遭うリスクを下げる!? 音楽フェス好きは耳の休息日を……

キューバの米大使館に<聞こえない音>の攻撃? 外交官らに「外傷性脳損傷」の被害!

2017年9月29日、米国務省はキューバの首都ハバナにある米大使館職員の半数以上を帰国させると発表した。その理由は驚くべきものだった。「外部から正体不明の攻撃を受け、大使館職員に健康被害が相次いでいる」というのだ。 これまでに少なくとも22人が、聴力低下、めまい、頭痛、…続きを読む

キューバの米大使館に<聞こえない音>の攻撃? 外交官らに「外傷性脳損傷」の被害!

のどの痛みに「ステロイド剤」は有効か? じつはウイルス感染には効かない!?

5月から初夏にかけての季節の変わり目に多くなるのが咽頭痛(喉の痛み)だ。 英国オックスフォード大学のGail Nicola Hayward氏らの研究グループは、抗生物質を必要としない咽頭痛の成人患者565人を対象に、ステロイド薬を単回経口投与したところ、患者の約3分の1…続きを読む

のどの痛みに「ステロイド剤」は有効か? じつはウイルス感染には効かない!?
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛