「大衆薬」の記事一覧

日焼け止めクリームを検証する!紫外線吸収剤には危険な化学物質が使われている

40度を超える殺人的な酷暑が日本列島を襲っています。熱中症には十分な注意が必要ですが、同じように日焼け止めクリームの使用にも注意を払ってください。 まず、日焼け止めクリームを使用する際の重要な点は、化粧品と同じ感覚で1日中、塗り付けていると、思わぬ健康被害に遭う恐れがあ…続きを読む

日焼け止めクリームを検証する!紫外線吸収剤には危険な化学物質が使われている

イボコロリは効果がある?魚の目やタコにも使える?

「『イボ』ができた、どうしよう?」と思った時真っ先に思い浮かぶのは、大正8年から横山製薬が販売している超ロングセラー商品『イボコロリ』ではないでしょうか。その名の通りイボのための医薬品ですが、「タコ(胼胝)」や「魚の目(鶏眼)」にも効果があります。 有効成分「サリチル酸…続きを読む

イボコロリは効果がある?魚の目やタコにも使える?

「ロキソニン」を飲み続けて血圧が上昇! 非ステロイド薬の副作用を軽く考えると……

最近、ロキソニンなどの「一般的な鎮痛薬で関節炎患者の血圧が上昇する恐れがある」という論文が、『European Heart Journal』(8月28日オンライン版)に掲載されたほか、欧州心臓病学会(ESC2017、スペイン・バルセロナ)でも報告された。 この報告を要約…続きを読む

「ロキソニン」を飲み続けて血圧が上昇! 非ステロイド薬の副作用を軽く考えると……
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太