「食品」の記事一覧

「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人は効果なし!

師走ともなれば熱々のお鍋の季節だ。お鍋といえば欠かせないのが「豆腐」。良質のタンパク質、炭水化物、脂質、食物繊維、ミネラル、ビタミンのほか、サポニン、レシチン、大豆イソフラボンなどの微量成分がふんだんに含まれている。なかでも人気なのは「大豆イソフラボン」だろう。 大豆イ…続きを読む

「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人は効果なし!

銀杏の食べすぎで死亡例!食べすぎると危ない意外な食品とは?

秋の味覚を堪能する間もなく、いきなり冬の寒さが訪れて、今年も鍋の季節がやってきた。 食欲(の秋)派にとってはなんのことはない、舌鼓がとまらない二季が衣替えした程度の話かもしれないが、それは同時に「食べ過ぎ」に注意したい期間の到来でもあろう。 そこで今回は、盃を重ねる…続きを読む

銀杏の食べすぎで死亡例!食べすぎると危ない意外な食品とは?

春名風花さん「中学校の昼休憩が15分」に大きな反響 子どもに教えたい「食育」とは?

新学期、また給食が再開される。だが気になることがある。7月30日『はるかぜちゃん』こと声優・タレントの春名風花さんのTwitterが大きな反響を呼んだ話題だ。 「中学校のお昼休憩は15分しかない」――― 春名さんのツイートによれば、中学時代に通っていた学校には給食が…続きを読む

春名風花さん「中学校の昼休憩が15分」に大きな反響 子どもに教えたい「食育」とは?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇