「食品」の記事一覧

コーヒーのカフェインが死亡リスクを低下~「カフェイン中毒」を避ける賢い飲み方は……

今年に入って、たびたびニュースに取り上げられている「カフェイン中毒」――。 日本中毒学会の調査によると、カフェインを多量に含む「眠気防止薬」や「清涼飲料水」の急性中毒で、平成23年度からの5年間に、少なくとも101人が救急搬送され、7人が心停止となり、その中の3人が死亡…続きを読む

コーヒーのカフェインが死亡リスクを低下~「カフェイン中毒」を避ける賢い飲み方は……

ブロッコリーは「スーパーフード」! 新芽の物質は「糖尿病」「薄毛」の救世主か

お通じを良くし、お肌の大敵である活性酸素の攻撃を防いでくれて、健康的な骨を作る成分も豊富な、アブラナ科アブラナ属の緑黄色といえば何? そう、最近にわかに注目され「スーパーフード」級に躍り出てきた「ブロッコリー」である。 まず、含まれる「食物繊維」の豊富さがすごい。レ…続きを読む

ブロッコリーは「スーパーフード」! 新芽の物質は「糖尿病」「薄毛」の救世主か

中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ 中国では日本食品を危険視

中国産の食品に対する警戒感は依然高い。毒入り冷凍ギョーザ事件、期限切れの鶏肉チキンナゲット事件、インドネシアで見つかった中国製のプラスティック米などなど数えだしたらきりがない。 こんな事件もあった。北京大衆紙・新京報が伝えた「「光る豚肉」だ。飼育のとき、基準値を超えた…続きを読む

中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ 中国では日本食品を危険視
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛