「2018年6月」の記事一覧

『ブラックペアン』一流の外科医ニノが一流の機械を操作すると奇跡が起きる!

前回、佐伯教授(内野聖陽)から<邪魔返し>をされた渡海先生(二宮和也)。番組としては視聴率がぐっと上がったそうで、やはり手術が難航し天才外科医が登場し危機を救うという水戸黄門的なお決まりのパターンが受けているのでは?とのこと。 手厳しい私の周りでは、もはやこのドラマ、…続きを読む

『ブラックペアン』一流の外科医ニノが一流の機械を操作すると奇跡が起きる!

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣

人員の確保などで事業継続の難しさが浮き彫りになっている「訪問看護」の業界において、看護師を積極的に採用し、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大して急成長を遂げている訪問看護ステーションがある。設立5年で、東京(新宿区)、沖縄(那覇市)、兵庫(西宮…続きを読む

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣

プールで死に至る病気に感染する可能性!お腹を壊した人は入場禁止にすべき?

待ち焦がれた夏が来る。今年の水着はもう買った、スマホも最新機能満載型に変えた、残るは「お薦めのインスタ映えするホテルプール」とか「テンション上げるインスタ映えする厳選ナイトプール」の検索だ! そうやって先取りの夏気分に浸っているインスタ世代にとって、次の記事はまるで梅雨…続きを読む

プールで死に至る病気に感染する可能性!お腹を壊した人は入場禁止にすべき?
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛