「2014年8月」の記事一覧

死亡率は肺がんが4.5倍、喉頭がんが32.5倍! 喫煙者の「医療保険料」は高額で当然だ!

古い劇映画などを見ていると、登場人物に喫煙者が多いことに改めて驚かされる。いや、そんな古い話でなくともいい。つい10数年前でさえ、町中の至るところでタバコの煙をくゆらす人を見かけたし、灰皿のない飲食店は少なかった。 ところが、今や街中を見渡しても喫煙者の方が少なく(とい…続きを読む

死亡率は肺がんが4.5倍、喉頭がんが32.5倍! 喫煙者の「医療保険料」は高額で当然だ!

日焼けマシンは「皮膚がん=悪性黒色腫」になりやすい! 18歳未満は特に危険と米国当局も警告

画像「Shutterstock」より。 夏になると水着になる機会が増えるため、日焼けサロンなどで事前に小麦色に日焼けする女性が多くなる。男性も就職戦線真っ盛りの大学生などは「男らしさ」や「健康」アピールのため日焼けサロンに足を運ぶという。 日焼けの原因である紫外線に…続きを読む

日焼けマシンは「皮膚がん=悪性黒色腫」になりやすい! 18歳未満は特に危険と米国当局も警告
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志