「先進医療」の記事一覧

『ラジエーションハウス』では描かれない日本のCT・MRI“異常過多”の危険性

放射線技師や放射線科医の苦悩と葛藤を描く連続テレビドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)が4月8日にスタートして以来、注目を浴びている。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を撮像し、病気の原因を探る放射線技師と、病変の有無を診断…続きを読む

『ラジエーションハウス』では描かれない日本のCT・MRI“異常過多”の危険性

これまでのED・AGA治療は万能ではない! 幹細胞上清療法で根治治療が可能に

男性の深刻な悩みといえばED(勃起不全)やAGA(男性型脱毛症)。睡眠を見直したり、食生活を変えたりといった生活習慣に気を配っている人は多いだろう。しかし、生活習慣の見直しだけでED・AGAが本当に改善できるかというと、実のところ難しい。食の見直しなど、努力によっては効果が…続きを読む

これまでのED・AGA治療は万能ではない! 幹細胞上清療法で根治治療が可能に 

京大がiPS細胞によるパーキンソン病の再生医療の治験をスタート

iPS細胞の衝撃の発表から10年。iPS再生医療の未来を揺るがすようなニュースが届いた。 7月29日、京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病患者へ移植する再生医療の治験を始めると発表。近々、治験の参加患…続きを読む

京大がiPS細胞によるパーキンソン病の再生医療の治験をスタート
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇