「先進医療」の記事一覧

ステージ4の「がん」が消えた…副作用のない自然治癒が注目、カギは食事と運動

昨年10月、がんに関する大ニュースが世界中を駆け巡った。京都大学の本庶佑特別教授が、米テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターのジェームズ・アリソン教授と共にノーベル医学生理学賞を受賞したというニュースだ。免疫をがんの治療に生かす手がかりが発見されたことで新しいタイプ…続きを読む

ステージ4の「がん」が消えた…副作用のない自然治癒が注目、カギは食事と運動

人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?

日本は世界でも有数の“睡眠不足大国”として知られているが、個人差はあるものの、多くの人にとっては6~8時間程度眠ることが最適だということがわかっている。「自分はショートスリーパーだから、短い睡眠で大丈夫」というのは無理があるという。本当に睡眠時間が5時間未満のショートス…続きを読む

人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?

修復腎移植~あまりにも長すぎた先進医療の審査。バトンは次の世代に

さる7月5日(水)、厚労省「第66回先進医療会議」が修復腎移植を先進医療として承認したという報道に接した。ドナーの選定会議に関係学会の有識者を入れるなどの、付帯条件は付いているが、主たる抵抗勢力だった4学会(日本移植学会、日本臨床腎移植学会、日本腎臓病学会、日本透析医学会)…続きを読む

修復腎移植~あまりにも長すぎた先進医療の審査。バトンは次の世代に
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆