「研究・調査」の記事一覧

スマホは使うほど幸せが減る!? 幸福度が高かった1日の利用時間は……

昨年(2017年)末、文部科学省が発表した「学校保健統計調査」によれば、裸眼視力1.0未満の小中学生割合が過去最高を記録。文科省の見解はスマートフォンやゲーム機の長時間利用など生活習慣の影響が出た、というものだった。 ただし、この「デジタル機器漬け」と「近視増加」の相乗…続きを読む

スマホは使うほど幸せが減る!? 幸福度が高かった1日の利用時間は……

インフルエンザ「万能ワクチン」の開発に成功か?国内の感染者は約282万人に!

インフルエンザが猛威を振るっている――。厚生労働省の発表によると、1月29日~2月4日に全国の医療機関を受診した患者は約282万人(前週比8万人増)にもなると推計され、これほどまでの患者数は、統計を取り始めてから過去最高だという。 日本だけではない。この冬は世界中でイン…続きを読む

インフルエンザ「万能ワクチン」の開発に成功か?国内の感染者は約282万人に!

禁煙ポスターは若者には逆効果? タバコへの渇望を抑える方法

禁煙が世界的な潮流であることは誰の目にも明らかであるが、タバコへの欲求はそう簡単にはなくならない。これから成人になる若者にどうやって喫煙を思いとどまらせるか? どこの国でもさまざまな手段を試みている。 タバコの害を分かりやすいイメージで喚起させるポスターは、その手段の最…続きを読む

禁煙ポスターは若者には逆効果? タバコへの渇望を抑える方法
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫