「研究・調査」の記事一覧

高齢者の腰痛に社会的格差との深い関連指摘 慢性腰痛の原因となるストレス

「頭痛がする」「足腰が重い」「起き上がるのが辛い」「立ち上がる時に腰や背中が痛む」。日本人の腰痛の生涯有病率はなんと83%! 体幹筋機能の低下は腰痛の発症やQOLの低下につながる。特に高齢になればなるほど、腰痛は深刻化する。 東北大学大学院国際歯科保健学の杉山賢明氏らの研…続きを読む

高齢者の腰痛に社会的格差との深い関連指摘 慢性腰痛の原因となるストレス

「心臓病患者がジェットコースターに乗ると死の危険」は根拠がない?驚きの研究結果

超大型10連休、各地は行楽や観光の人で賑わい、テーマパーク、アミューズメントパーク、遊園地なども活況が予想される。遊園地の花形といえば、スリル満点の絶叫マシン。東京ディズニーリゾートの人気アトラクションである、「センター・オブ・ジ・アース」や「ビッグサンダー・マウンテン」「…続きを読む

「心臓病患者がジェットコースターに乗ると死の危険」は根拠がない?驚きの研究結果

インフルエンザを甘く見てはいけない 合併症リスクを指摘、予防接種徹底を

推定患者数を発表している「薬局サーベイランス」によれば、全国のインフルエンザ患者数は約168万人(2019/1/7~2019/1/13)に上ったという。直近の2/12~18(第7週)は前週の約102万人から約47万人に減少し、ピークは越えた。ただ、インフルエンザの猛威が収ま…続きを読む

インフルエンザを甘く見てはいけない 合併症リスクを指摘、予防接種徹底を
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆