「研究・調査」の記事一覧

「不眠大国ニッポン」に良い眠りをもたらすためになすべきことは何か?

最近の睡眠科学の進展は目を見張るものがある。睡眠障害と関連の深い疾患、とくにうつ病の治療を専門とする杏林大学の古賀良彦名誉教授にお話を伺った。日本人は国際的に見ても眠らない傾向「日本人は毎日の通勤電車の中はもちろんのこと、海外旅行に行っても観光バスの中でよく寝ていま…続きを読む

「不眠大国ニッポン」に良い眠りをもたらすためになすべきことは何か?

タトゥーを入れるとMRI検査を受けられなくなるは本当か?

タトゥー(入れ墨)の施術が医療行為かそうでないかをめぐる刑事訴訟は控訴審へ進み、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は、2019年9月に日本で開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)の出場選手にタトゥーを隠すよう指示する方針も報じられるなど、ますます混迷を深め…続きを読む

タトゥーを入れるとMRI検査を受けられなくなるは本当か?

専門医制度を止めるべき13の理由 ~今からでも遅くはない、この制度は一旦止めるべき

本年度から専門医制度が開始されている。筆者は一開業医であり、専門医制度と何の利害関係もない。それでも制度の開始前から繰り返しこの制度を一旦止めるよう進言してきた(1)(2)(3)(4)。 一番の理由は、本制度が、次世代のためにならないからである。つまり若い医師たちにとっ…続きを読む

専門医制度を止めるべき13の理由 ~今からでも遅くはない、この制度は一旦止めるべき
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆