「2017年9月」の記事一覧

【閲覧注意】急性虫垂炎(盲腸)になるとこうなる!大便が石になって詰まった虫垂

右下腹部にある盲腸から出ている細長い器官に炎症が起きている状態が「虫垂炎(ちゅうすいえん、英:appendicitis)。昔から、俗に「盲腸(炎)」と呼ばれてきた膿(化膿性)がたまる炎症だ。 急性虫垂炎の多くは、糞便が大腸内で長時間停滞することで(水分が吸収されて)石の…続きを読む

【閲覧注意】急性虫垂炎(盲腸)になるとこうなる!大便が石になって詰まった虫垂

歯周病の改善に「海藻」が効く! 海外では<30歳からはマグネシウムを摂れ>と推奨

今や成人の8割がかかっているとされる「歯周病」。歯を失う原因になるのはもちろん、さまざまな病気を引き起こす要因にもなる。 歯周病菌や菌の作り出す毒素は、炎症を起こした歯ぐきの血管から入り込んで全身に広がり、体のあちこちで悪さを働くのだ。 たとえば、歯周病で歯ぐきに炎…続きを読む

歯周病の改善に「海藻」が効く! 海外では<30歳からはマグネシウムを摂れ>と推奨

血圧値が測定日によって大きく異なる人は「認知症リスク」が2倍も高い!

高血圧気味の方ならば「血圧日内変動」というコトバもよくご存じだろう。読んで字の如く、血圧はさまざまな要因から1日の中で上がったり下がったりしているものだ。 一方、上の数値(収縮期血圧)から下の数値(拡張期血圧)を差し引いた値が「脈圧」。こちらは動脈硬化が進むにつれて上昇…続きを読む

血圧値が測定日によって大きく異なる人は「認知症リスク」が2倍も高い!
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志