「2017年9月」の記事一覧

「リポビタンD」は国民的な栄養ドリンク~世界16カ国以上に50年間で350億本を出荷

「レッドブル」創業者の孫が、警官をひき逃げし死亡させたとして、現在、国際手配されている。その外電を読み、即座に今回紹介する商品名を連想した方は、かなりの栄養ドリンク通だ。 いまや多くの説明もいらぬほど、日本の受験生や残業組にも人気が定着した「レッドブル」。実はオーストリ…続きを読む

「リポビタンD」は国民的な栄養ドリンク~世界16カ国以上に50年間で350億本を出荷

インスタグラムに騙されるな!整形美容投稿で非認定医の過剰投稿多数!

米ノースウェスタン・メディスンのClark Schierle氏らの研究チームは、脂肪吸引や鼻の整形などの美容外科手術を希望してSNSの「インスタグラム(Instagram)」で検索しても、信頼できる医師が見つかる可能性は低いとする研究結果を『Aesthetic Surger…続きを読む

インスタグラムに騙されるな!整形美容投稿で非認定医の過剰投稿多数!

あくび(欠伸)が伝染するのはなぜ? 止まらないと重い病気の兆候かも!?

英ノッティンガム大学認知神経科学教授のStephen Jackson氏らの研究チームは、あくび(欠伸)の“伝染”を引き起こすのは、脳の「一次運動野」と呼ばれる運動機能を司る領域である可能性があるとする研究成果を『Current Biology」』8月31日オンライン版に発表…続きを読む

あくび(欠伸)が伝染するのはなぜ? 止まらないと重い病気の兆候かも!?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔