「2017年1月」の記事一覧

虚偽の診断で治療費詐取「新宿セントラルクリニック」事件〜悪徳医師から身を守る方法

ヒポクラテスが泣いている――。医学の祖・ヒポクラテスは、医師の職業倫理について現代まで語り継がれている「ヒポクラテスの誓い」を遺した。医師としての名誉と高潔な伝統を守り続けることを誓うのだ。 <医師は崇高な精神の持ち主>という、世間の認識を揺るがす事件が発覚した。今年1…続きを読む

虚偽の診断で治療費詐取「新宿セントラルクリニック」事件〜悪徳医師から身を守る方法

クレーマーが我が子を殺す!? 「親の横柄な態度」が子どもの治療に与える影響

教育現場で教師を悩ませるモンスターペアレント同様、医療の現場において医療スタッフや医療機関に対し理不尽な要求をつき付けたり、暴言・暴力をふるったりする患者やその家族を「モンスターペイシェント」という。 たとえば「待ち時間が長い」と怒鳴り散らし、時には壁を叩く人、「処方さ…続きを読む

クレーマーが我が子を殺す!? 「親の横柄な態度」が子どもの治療に与える影響

AI(人工知能)が人事情報を一元管理する時代に! 勤怠管理、メンタルケア、福利厚生までカバー

全国の企業、官庁、病院の人事システムに激震が走っている――。いかに新たな人材を発掘し、成果を上げるか? どのセクションに、どの人材を配置するか? どのように効率的に業務を遂行するか? 企業の競争力、官庁の管理力、病院の信用力は、これらの伝統的かつ普遍的な難題を克服できる…続きを読む

AI(人工知能)が人事情報を一元管理する時代に! 勤怠管理、メンタルケア、福利厚生までカバー
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛