「芸能・エンタメ」の記事一覧

居眠り運転での交通事故は47%!「人工知能」が眠気を検知して「眠くならない車内」に

公益財団法人高速道路調査会によれば、高速道路本線で年間2万件以上の事故か発生し、その最大の事故原因である前方不注視は47%に上り、死亡事故の約4割を占めている。 前方不注視の大きな要因の一つが居眠り運転だ。その重大事故が深刻な社会問題となっていることから、居眠り運転防止…続きを読む

居眠り運転での交通事故は47%!「人工知能」が眠気を検知して「眠くならない車内」に

溺れた幼児の脳障害が全快! 奇跡的な回復のカギ「高気圧酸素治療」とは

夏たけなわ!水辺が恋しい。だが、水の事故も後をたたないのは悲しい。 警察庁の統計資料(平成29年6月15日)によれば、2016年に発生した子ども(中学生以下)の水難事故は、発生件数1,505件、水難者数1,742人、死者797人、行方不明者19人、負傷者313人。 …続きを読む

溺れた幼児の脳障害が全快! 奇跡的な回復のカギ「高気圧酸素治療」とは

最愛の小林麻央さんを亡くしたときに……市川海老蔵さんの自己解決「セルフケア」とは

最愛の相手を亡くした人が、その痛切さを明かす場面に遭遇した経験の持ち主ならば、きっとおわかりだろう。 その彼(彼女)が打ち明けたい相手は、何も自分とは限らず、身内か親友か仕事仲間かという関係の濃淡にも関係なく、耳を傾けてくれる誰か(=赤の他人をも含む)でありさえすれば、…続きを読む

最愛の小林麻央さんを亡くしたときに……市川海老蔵さんの自己解決「セルフケア」とは
「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」前編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。京野アートクリニック高輪の院長である京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真