「医療機関」の記事一覧

ベテランが名医とは限らない! 時代遅れの技能や知識が患者の死を招く?

米国ペンシルベニア大学健康アウトカム・政策研究センターのLinda Aiken氏は、若齢医師に比べ高齢医師が治療すると、「65歳以上の入院患者が30日以内に死亡するリスクがやや高まる」とする研究を『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』オンライン版に発表した(「Healt…続きを読む

ベテランが名医とは限らない! 時代遅れの技能や知識が患者の死を招く?

【マンガ連載】ナースの内部告発!患者を選り好みするボッタクリ産婦人科医&医療ミスも笑って受け流すモンスター・ナース!

いい加減なナースのミスで、あわや医療事故に! 「知らぬが仏」という諺(ことわざ)があるが、今回は「知らぬは患者ばかりなり」の医療過誤の実態をナースたちが赤裸々に内部告発!ヒヤリハットから確信犯まで何でもこざれ。 医療倫理なんて微塵も感じられない「カネ儲け主義」の産婦人科…続きを読む

【マンガ連載】ナースの内部告発!患者を選り好みするボッタクリ産婦人科医&医療ミスも笑って受け流すモンスター・ナース!

「未病」対策と栄養士の活用が日本の医療を変える?「未病」患者専門クリニックが開業

東京都中野区鷺宮の閑静な住宅街の一角に昨年、「未病」患者専門クリニック「ホリスティキュアメディカルクリニック」(医療法人淳信会)が開業した。病気の症状はまだ現れていないが、病気に向かいつつある状態の、健康でも病気でもない状態の「未病」患者に対し、最新の栄養学と医学を組み合わ…続きを読む

「未病」対策と栄養士の活用が日本の医療を変える?「未病」患者専門クリニックが開業
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆