「ドラッグ」の記事一覧

<禁煙ポスター>若者には逆効果? なかなか消えないタバコへの渇望を抑える方法

禁煙が世界的な潮流であることは誰の目にも明らかであるが、タバコへの欲求はそう簡単にはなくならない。これから成人になる若者にどうやって喫煙を思いとどまらせるか? どこの国でもさまざまな手段を試みている。 タバコの害を分かりやすいイメージで喚起させるポスターは、その手段の最…続きを読む

<禁煙ポスター>若者には逆効果? なかなか消えないタバコへの渇望を抑える方法

飯島愛の死因、怪死の真相は?「トマトジュースのような尿が出る」と芸能界を引退

2008年12月24日午後3時15分ごろ、飯島愛は、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室で昏倒。たまたま訪れた知人女性に発見され、119番通報が入る。 捜査に当たった警視庁渋谷警察署は、死後およそ1週間が経過していることから、死亡推定日は12月17日前後と判定…続きを読む

飯島愛の死因、怪死の真相は?「トマトジュースのような尿が出る」と芸能界を引退

「医療大麻」を認めると<乱用>が増加! 米国(29州が許可)の最新調査で示唆

意外なところから意外なものが出ることを「瓢箪から駒(が出る)」と、ことわざでいう。類義語として「棚から牡丹餅」や「嬉しい誤算」「偶然の産物」などがあるが、『JAMA Psychiatry』オンライン版(4月26日)に掲載された最新知見は、いわば「法律から乱用」という「意図し…続きを読む

「医療大麻」を認めると<乱用>が増加! 米国(29州が許可)の最新調査で示唆
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆