「ドラッグ」の記事一覧

今度は田口&小嶺が逮捕、医療用大麻への誤解と悪影響はないか?

3月20日、朝日新聞は「大麻*含むてんかん薬 使用可能に」と報道しました。参院沖縄・北方問題特別委員会の場で、医師でもある参議院議員秋野公造氏の質問に答える形で大麻*を原料とする医薬品(以下「医療大麻*」と記述)の扱い方について厚労省が見解を示したという内容です。(注1)(…続きを読む

今度は田口&小嶺が逮捕、医療用大麻への誤解と悪影響はないか?

禁煙ポスターは若者には逆効果? タバコへの渇望を抑える方法

禁煙が世界的な潮流であることは誰の目にも明らかであるが、タバコへの欲求はそう簡単にはなくならない。これから成人になる若者にどうやって喫煙を思いとどまらせるか? どこの国でもさまざまな手段を試みている。 タバコの害を分かりやすいイメージで喚起させるポスターは、その手段の最…続きを読む

禁煙ポスターは若者には逆効果? タバコへの渇望を抑える方法

尾崎豊、26歳の変死 尾崎豊の死因は?自殺か?遺書の信憑性は?

酒、ドラッグ、セックス、精神破綻……。27歳の交差点の迷走。それは、誰も避けられないのだろうか。27歳で夭逝するロックスターたちが余りにも多すぎる。「27クラブ」の破綻・失墜だ。 「悪魔に魂を売った」ブルース歌手ロバート・ジョンソン、「ローリング・ストーンズ」のギタリス…続きを読む

尾崎豊、26歳の変死 尾崎豊の死因は?自殺か?遺書の信憑性は?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇