「ドラッグ」の記事一覧

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

今年3月の国会で、厚生労働省の担当者は、アメリカ合衆国やカナダをはじめ20カ国以上の諸外国で治療薬として合法化されている医療用としての大麻が、病院での臨床試験薬として許可される方針であるとの答弁をした。(朝日新聞デジタル「大麻含むてんかん薬、使用可能に」2019年3月20日…続きを読む

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

薬物中毒死急増のアメリカで平均余命が短縮! 日本のドラッグ汚染はどこまで?

アメリカではオピオイド(麻薬)やマリファナ(大麻)などの過剰服用は深刻な問題である。 ABCの調査によると、現在、アメリカでは1日129人が薬物過剰服用によって死亡。その数は、銃犯罪や交通事故などによる不慮の死よりも多いのが現状である。さらに驚くべきことに、アメリカ国立…続きを読む

薬物中毒死急増のアメリカで平均余命が短縮! 日本のドラッグ汚染はどこまで?

飯島愛の死因、怪死の真相は?「トマトジュースのような尿が出る」と芸能界を引退

2008年12月24日午後3時15分ごろ、飯島愛は、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室で昏倒。たまたま訪れた知人女性に発見され、119番通報が入る。 捜査に当たった警視庁渋谷警察署は、死後およそ1週間が経過していることから、死亡推定日は12月17日前後と判定…続きを読む

飯島愛の死因、怪死の真相は?「トマトジュースのような尿が出る」と芸能界を引退
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆