「ドラッグ」の記事一覧

姿や形を変えて「覚醒剤」や「大麻」が社会に広く深く蔓延している!

飲料物に覚醒剤を混入して事件を誘発させる、極めて悪質なケースが多発している――。 我が国では、いわゆる「紀州のドンファン」として名を馳せていた高齢男性が、何らかの飲み物に混入された大量の覚醒剤で急性中毒死した事件が世間を騒がせている。被害者には覚醒剤の使用時に認められる…続きを読む

姿や形を変えて「覚醒剤」や「大麻」が社会に広く深く蔓延している! 

なぜマリファナ(大麻)常用者は非使用者よりも「セックスの頻度が20%も高い」のか?

米スタンフォード大学泌尿器科学のMichael Eisenberg氏らの研究チームは、米国の男女5万人以上のデータを分析したところ、Pothead(マリファナ常用者)は、非使用者よりも性交の頻度が有意に高く、マリファナを常用しても性機能は損なわれないとする研究成果を『Jou…続きを読む

なぜマリファナ(大麻)常用者は非使用者よりも「セックスの頻度が20%も高い」のか?

風邪薬や鎮痛薬に含まれる「カフェイン」の大量服用による急性中毒症で自殺者も

数年前、私が経験した症例を報告する――。 患者さんは21歳の男性。約5年間にわたり「うつ状態」だったため、精神科クリニックで抗うつ薬による治療を受けていた。ある日、市内の薬剤店よりカフェイン製剤(市販名エスタロンモカ:1錠中カフェイン100mg含有)を購入し、110錠(…続きを読む

風邪薬や鎮痛薬に含まれる「カフェイン」の大量服用による急性中毒症で自殺者も
脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆