「ドラッグ」の記事一覧

音楽の快感はセックスや麻薬と同じ? 天才プリンスも逝った<オピオイド系>が脳に作用

音楽の快感はセックスや麻薬と同じ?(depositphotos.com) ヒトの基本的な欲求が満たされた際、活性化される脳内の神経経路のことを「報酬系」と呼ぶ。 音楽の心地よさもここに作用することが判明している一方、危険ドラッグなどの禁止薬物も同じ脳内報酬系に強く作用す…続きを読む

音楽の快感はセックスや麻薬と同じ? 天才プリンスも逝った<オピオイド系>が脳に作用

清原和博「覚せい剤は怪物、悪魔、戦いは一生続く」〜再起の最大の敵は「社会的孤立」?

「一日一日が『今日は使わなかった』『じゃあ明日も頑張ろう』の積み重ね。覚せい剤はまさに怪物、悪魔で戦いは一生続くと思う」 覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏が、12月29日放送の『ニュースキャスター」(TBS系)で、そ…続きを読む

清原和博「覚せい剤は怪物、悪魔、戦いは一生続く」〜再起の最大の敵は「社会的孤立」?

ゴホンといえば龍角散。実はひそかにキメる薬として愛用されていた!?

「ゴホンといえば龍角散」――。このキャッチコピーを知らない人は、まずいないだろう。龍角散は、江戸時代に殿様の喘息薬に処方された、龍骨、鹿角霜、龍脳がルーツらしい。のどに特化した異色の会社は、社名も「龍角散」だ。「儲けより人のためになるものを作る」が社是とか。大気汚染大国・中…続きを読む

ゴホンといえば龍角散。実はひそかにキメる薬として愛用されていた!?
「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆