「2014年9月」の記事一覧

新薬より「ジェネリック医薬品」のほうが高い? 歪んだ薬剤価格は是正されるのか?

必ずしも安くならないジェネリック医薬品 一般的にジェネリック医薬品の薬剤価格は、同一成分の新薬の2~8割ですむ。ところが、ジェネリック医薬品を選択したのに窓口で払った薬剤費は新薬にした場合より高かった、という奇異なケースも世の中にはあるのだ。一体どういうことなのか。…続きを読む

新薬より「ジェネリック医薬品」のほうが高い? 歪んだ薬剤価格は是正されるのか?

「介護保険の改正」で施設に入れない利用者増加する? 財政難解消のため泣きを見るのは誰?

特養の入所基準が「要介護3以上」に変わる 2015年から介護保険が改正される。その大筋が6月に決まった。介護保険はもともと介護を医療から切り離すために生み出された保険だったのだが、急速な高齢化は「介護」の実態そのものを拡大させていき、国の財政を圧迫し始めている。 今回の…続きを読む

「介護保険の改正」で施設に入れない利用者増加する? 財政難解消のため泣きを見るのは誰?

国内感染者は69年ぶり!究極の「デング熱対策」は遺伝子操作で「ヒトを刺す蚊」を全滅?

残暑の蒸し暑さも苦痛だが、蚊など毒を持った虫がここに来て勢いづくのも耐えられない。今年8月、日本で海外渡航歴のない3人がデング熱を発症、厚生労働省の発表によれば、2日までに34人が感染したとされている。デング熱の感染が国内で確認されたのは69年ぶりのことだ。 デング熱は…続きを読む

国内感染者は69年ぶり!究極の「デング熱対策」は遺伝子操作で「ヒトを刺す蚊」を全滅?
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志