「医療」の記事一覧

再生医療でペットの生命はどこまで救えるのか?

このところずいぶん耳にするようになってきた「再生医療」という言葉。患者の体外で人工的に培養したリンパ球や幹細胞などを患者の体内に移植・注入することで、損傷した臓器や組織を再生し、失われた人体機能を回復させる医療だが、その再生医療はペットにどれだけ具体的に応用できているのだろ…続きを読む

再生医療でペットの生命はどこまで救えるのか?

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性

新型コロナウイルス(COVID-19)の治療で注目される幹細胞治療。なぜ今幹細胞治療がCOVID-19に有効だと期待されているのか。 これまでに、骨や軟骨、血管、心筋細胞に分化できる能力をもつ体性幹細胞の一つであるMSC(間葉系幹細胞)は抗炎症作用や増殖誘発作用、血管新…続きを読む

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性

尿1滴でがん検診、線虫が15種のがんを1時間半で検出可能、ついに実用化へ

がん検診がどこまで進化するのか――。その基本構造を変革し得るかもしれない先進検査技術が実用化されると話題になっている。 体長わずか1ミリの「線虫」が、がん患者の尿を高い精度で嗅ぎ分けるという研究が報じられたのは2015年3月。その後、九州大学でこの研究を主導した広津崇亮…続きを読む

尿1滴でがん検診、線虫が15種のがんを1時間半で検出可能、ついに実用化へ
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子