「医療」の記事一覧

「夜勤」は寿命を10年以上縮める? 夜勤が招く流産、肥満、がんのリスク

セブンイレブンの24時間営業問題では、営業時間短縮の実験が3月から直営店10店で開始しされ、その後、4月下旬時点の約100店となり、さらに広がりを見せているという。同社の看板でもある24時間営業が新しい社会情勢に対応せざるを得ない形となっている。 一方、より健康面のリス…続きを読む

「夜勤」は寿命を10年以上縮める? 夜勤が招く流産、肥満、がんのリスク

子どもへのスマホやタブレットは本当に悪影響なのか デジタル子育てガイドラインでは

昨年12月、3歳ぐらいの子供がスマホやタブレットなどを操作する画像がツイッターにアップされた。アカウント主は、「現代の魔法使い」と呼ばれている、筑波大学准教授・学長補佐の落合陽一氏。落合氏は、息子が生まれた日に専用のスマホをプレゼントしたという。 科学者、メディアアーテ…続きを読む

子どもへのスマホやタブレットは本当に悪影響なのか デジタル子育てガイドラインでは

インフルエンザを甘く見てはいけない 合併症リスクを指摘、予防接種徹底を

推定患者数を発表している「薬局サーベイランス」によれば、全国のインフルエンザ患者数は約168万人(2019/1/7~2019/1/13)に上ったという。直近の2/12~18(第7週)は前週の約102万人から約47万人に減少し、ピークは越えた。ただ、インフルエンザの猛威が収ま…続きを読む

インフルエンザを甘く見てはいけない 合併症リスクを指摘、予防接種徹底を
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇