「脳/神経」の記事一覧

おいしく実現、減塩生活~高血圧に悩む人が厚労省の目標8%を達成するには?

年齢を重ねると、結構な割合の人が降圧剤のお世話になっている。あなたの周りにもいるのではないだろうか。しかし、高血圧なのに薬を飲まずに放置しておくと、脳卒中や心疾患など命に関わる病気を引き起こすこともある。 高血圧は、食生活と関係が深い。日本人は白いご飯をたくさん食べるた…続きを読む

おいしく実現、減塩生活~高血圧に悩む人が厚労省の目標8%を達成するには?

なぜ朝型は夜型よりも長生きなのか?昼夜逆転で死亡リスクに10%の差

真っ赤な落日を背に受けたら、そそくさと寝床に急ぐ。日の出が待ち遠しく跳ね起きる。そんな牧歌的な暮らしが、ついこの間まであった気がする。「早起きは三文の徳」と親に諭されて育ったのに、いつの間にか宵っ張りの朝寝坊が染み付いてしまった……。 しかし、もし「朝寝坊してたら早死に…続きを読む

なぜ朝型は夜型よりも長生きなのか?昼夜逆転で死亡リスクに10%の差

パーキンソン病に効果があるのは、薬物療法?運動療法?コーヒーのカフェイン?

パーキンソン病は、脳幹に属する「中脳の黒質」と「大脳の線条体」に異常を来して発症する。黒質に異常が起きると、神経細胞の中に「αシヌクレイン」というタンパク質が凝集して溜まり、正常な神経細胞が減少するため、「神経伝達物質のドーパミン」の量が低下し、黒質から線条体への情報伝達経…続きを読む

パーキンソン病に効果があるのは、薬物療法?運動療法?コーヒーのカフェイン?
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛