「脳/神経」の記事一覧

日本で軽んじられる騒音被害は「現代の伝染病」メンタルヘルスにも悪影響

米マサチューセッツ総合病院のAzar Radfar氏らの研究チームは、PET/CT検査による脳の断層写真を分析し「幹線道路沿いや空港周辺などの騒音レベルの高い環境に長期間、曝露されると、ストレス反応を引き起こす脳部位の扁桃体を活性化させ、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが高まる…続きを読む

日本で軽んじられる騒音被害は「現代の伝染病」メンタルヘルスにも悪影響

危険な猛暑による熱中症と頭痛の関係〜熱中症予防の3つの基本

今年の暑さは、多くの報道からすでにご存知のように、記録的な暑さになっています。2018年7月の平均気温は過去最高温になったと気象庁が発表。今後のしばらく危険な暑さが予想されています。 このような猛暑のために、高齢者や乳幼児・小児など健康弱者だけでなく、炎天下でスポーツを…続きを読む

危険な猛暑による熱中症と頭痛の関係〜熱中症予防の3つの基本

脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?

東京・八王子駅から徒歩10分ほどの立地に、脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。運営するのは理学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏だ。 この「リハジム」は、医療保険下…続きを読む

脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆