「処方薬」の記事一覧

アーミッシュの遺伝子変異による「長寿」と糖尿病の少なさが将来すべての人に!?

米のアーミッシュ(キリスト教の一派)の住民を対象とした調査から、一部の住民に共通した遺伝子変異があり、変異がある人では、ない人と比べて平均寿命が10年長いことが分かった。 アーミッシュは、インディアナ州、ペンシルベニア州・中西部などやカナダ・オンタリオ州などに居住するド…続きを読む

アーミッシュの遺伝子変異による「長寿」と糖尿病の少なさが将来すべての人に!?

スキンパッチ(貼り薬)で 腹部の脂肪が20%も縮小! マウス実験で確認

米コロンビア大学医療センターの研究グループは、脂肪を縮小させるスキンパッチ(貼り薬)の効果をマウス実験によって確認し、その研究成果を『ACS Nano』9月15日オンライン版』に発表した。 発表によれば、このスキンパッチ(貼り薬)は、過剰なエネルギーをため込む性質があ…続きを読む

スキンパッチ(貼り薬)で 腹部の脂肪が20%も縮小! マウス実験で確認

無駄で有害な「当たり前」の医療を減らす~ という賢い選択を

「チュージング・ワイズリー(賢い選択)」というキャンペーンについて耳にしたことのある読者も多いだろう。 これは2012年に米国内科専門医認定機構財団(ABIM Foundation)が「不要かもしれない過剰な検診や、無駄であるばかりか有害な医療を啓発していこう」と呼びか…続きを読む

無駄で有害な「当たり前」の医療を減らす~ という賢い選択を
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志