「性・生殖」の記事一覧

性同一性障害の「性別適合手術」が保険適用に! 戸籍の性別変更で人生が変わる

最近、タレントのGENKINGが、体も戸籍上も「女性」になったことをテレビ番組で告白し、話題を呼んだ。昨年、タイで性別適合手術を受けたという。 性別適合手術とは、体と心の性が一致しない「性同一性障害(GID)」の人が、体を心の性に合わせるための手術だ。 具体的には、…続きを読む

性同一性障害の「性別適合手術」が保険適用に! 戸籍の性別変更で人生が変わる

処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……

「うまく子作りができない、セックスができない」という悩みを抱えた夫婦が増えている――。「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。 前回では「ポルノ動画の見過ぎ」が「膣内射精障害」を引き起こ…続きを読む

処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……

「閉経したらオンナでなくなる……」は少数派~世界のセックス事情は「老いてなお盛ん」

2007年8月、『The New England Journal of Medicine』に発表された米シカゴ大学の研究結果によると、57歳以上のアメリカの男女は「性生活」を楽しんでいるようだ。「過去1年間に最低1回は性生活を楽しんだことがある」と述べている割合は以下のとお…続きを読む

「閉経したらオンナでなくなる……」は少数派~世界のセックス事情は「老いてなお盛ん」
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真