「性・生殖」の記事一覧

【閲覧注意】「胎盤食」が 産後うつ予防、母乳分泌促進になるという俗説 胎盤を食べるリスクは高い!

米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos Grünebaum氏らの研究チームは、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」に、感染症などのリスクが強いとする研究成果を『American Journal of Obstetrics and G…続きを読む

【閲覧注意】「胎盤食」が 産後うつ予防、母乳分泌促進になるという俗説 胎盤を食べるリスクは高い!

台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !

台湾政府は、生殖医療機関77施設を対象に対面・電話・電子メールによる「不妊治療に関する実態調査」を実施したところ、72施設から回答を得た(回収率94%)。その結果、台湾で卵子ドナーから卵子提供を受けた日本人女性は、2014~16年の3年間で少なくとも177人、出産した女性は…続きを読む

台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !

米、陰毛処理で4分の1以上が、切り傷、熱傷、発疹などを経験、やはり日本では<恥毛>?

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)准教授のBenjamin Breyer准教授らの研究グループは、陰毛の処理をする人の4分の1以上は、切り傷、熱傷、発疹などを経験していたとする研究論文を『JAMA Dermatology』8月16日オンライン版に発表した。…続きを読む

米、陰毛処理で4分の1以上が、切り傷、熱傷、発疹などを経験、やはり日本では<恥毛>?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘